【怖いの当たり前】適応障害の人は復職が決まると心配になる

このブログで分かること

  • 復職が決まると心配になる理由
  • 復職への心配を減らす方法
  • 復職する心配が消えない時の考え方

みなさん、こんにちは。あやべさんです。

病気・ケガで休職していたあなたは、復職が決まってすごく心配ですよね?

そんな、復職前の心配はなぜ起きるのか?スッキリするように解説していきます。

あやべさん

あやべさんは、こんなひとです

  • 適応障害で、9ヶ月休職
  • 復職できなくて、そのまま転職
  • 子供3人のパパ

復職は決まると、心配になる

復職は決まると、心配になる

だれでも休職をしてたのに復職すると決まったら、仕事をしていない期間があるので心配になります。

とくに、適応障害やうつ病の精神疾患は、休職する前以上に心配になりやすいはずです。

復職が決まると心配になるのは、あなただけではありませんよ。

でも、どんなことを心配してるんですか?

復職前に感じる、3つの心配

復職前に感じる、3つの心配

復職前に、あなたが感じる心配は3つあります。

  1. 仕事ができるか心配
  2. 職場の仲間に理解されているか心配
  3. 適応障害が再発しないか心配

ぼくも休職中に感じていたことです。

それぞれ、解説していきます。

1:仕事ができるか心配

休職期間が長ければ、前と同じような働き方ができるか心配になります。

体力・メンタルが仕事に耐えられるか、心配になるのは仕方ないことです

体調が回復したのなら、気にしないで復職・仕事をして下さい

2:職場に理解されているか心配

休職は、会社に申請して休む制度です。

ただ、休職をよくないと思う同僚は、いるかもしれません。

気にしても仕方ありません

仕事ができる姿を同僚に見せて、大丈夫なことをアピールしましょう

3:復職して病気が再発する心配

職場・仕事内容が理由で適応障害になってしまったひとは、すごく心配してしまうでしょう。

休職中に、ストレッサー(あなたがストレスを感じる原因)を理解して、対処方法を準備していれば、再発することはないでしょう

再発する前に、ムリをしないことが1番の対策です

リワークで、復職前の心配を解消

リワークで、復職前の心配を解消

では、どうしたら復職前の心配を解消することができるのでしょうか?

復職に対する不安を解決する方法は、リワークです。

リワークとは、休職で、長期間仕事をしていない人に、復職する前に仕事の練習をする制度のことです。

ですが、リワークをするには注意が必要です。

  1. 主治医と会社の許可が必要
  2. 交通費は自費で用意
  3. リワーク専用のプログラムを受ける

ぼくも適応障害で休職していた時、リワークの説明会に参加してきました。その内容は、こちらのブログで紹介しています。復職に必要なリワークは、やっぱりキビシイ!

復職の心配が消えないのは、ホントは復職したくない

復職の心配が消えないのは、ホントは復職したくない

復職をする心配がどうしても消えないのは、もしかしたら復職したくないのかもしれません。

あなたが復職するのは、お給料が高い、休みの数が多い、家から近い、という理由になってませんか?

「休職したから、復職しなければいけない」なんて考えていたらアブナイです。

リンク先のブログを読んで、復職をする理由をもう一度考えてみて下さい。

【まとめ】復職前に考えを整理しよう

【まとめ】復職前に考えを整理しよう

  • 休職して復職が決まると、必ず心配になる
  • リワークで復職の心配を解消する
  • 復職の心配が消えないのは、復職したくないのかも

休職をしていたあなたが、復職するのはすごく勇気が必要です。

だから、復職することを心配しないひとは、いません。

ムリして復職をする必要はありません。休職は働き方を見直すキッカケです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

こんにちは、あやべさんです。ぼくは2018年の2月に適応障害になりました。その後9ヶ月休職をしながら転職活動をして、内定をもらい転職しました。適応障害の人が転職するのに人気なのが、転職エージェント。でも、あなたは適応障害の人[…]

【怖いの当たり前】適応障害の人は復職が決まると心配になる
最新情報をチェックしよう!