適応障害を克服して転職した、あやべさんのブログ

適応障害を克服して、転職、治療方法、の経験について紹介しています。

【休職中なら必読】適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ

このブログで伝えたいこと

  1. 適応障害の治療は、旅行に行くのがおすすめ
  2. 旅行をして、ストレスの原因から、離れる

2020年3月25日更新

【休職中なら必読】適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)です。

あなたは、旅行に行きたいと思うときはどんなときですか?

何か気分を変えたいな?

その土地の景色を見たいな

美味しいものを食べたいな

とかですかね?

ぼくは、ストレスで適応障害になって仕事を9ヶ月休みました。

でも、旅行に行ったことで、気分が回復したんです。

このブログでは、ストレスで体調が悪い人に知ってほしい内容になってます。

適応障害の治療は、旅行に行くこと

適応障害の治療は、旅行に行くこと

ぼくは適応障害で、会社を9ヶ月休職をしました。

でも、体を動かしたり、出かけたりしたのは、休んでから2ヶ月過ぎた頃でした。そんな時に、調子がよくなるのと一緒に、会社に戻れるか不安になってきたんです。

そんな不安を、減らすなら「旅行」に行くのがおすすめです。

旅行」に行ってから、ぼくの気分はさらに回復しました

だから、

適応障害の治療は、旅行に行くことです

適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ2つ

適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ2つ

メンタルヘルスについて紹介しています、厚生労働省のHPを見ると、こんなことを書いています。

ストレス因の除去とは、環境調整することです。たとえば暴力をふるう恋人から離れるために、ほかの人に助けを求めるなどがこれにあたるでしょう。ストレス因が取り除ける、あるいは回避できるものであればいいのですが、家族のように動かせないもの、離れるのが難しいものもあります。こうなるとストレス因の除去だけではうまくいきませんので、次のステップも必要となります。

環境を調整する=環境を変えることで、ストレスを取り除くと、適応障害の症状が少なくなります。

だから、適応障害の治療として旅行がおすすめなのは2つあるんです

  1. 環境を変えることができる
  2. 楽しいことをして、ストレスを忘れる

実際にぼくは、旅行をして、適応障害を治したんです

休職中にした10,000円のひとり旅

休職中にした10,000円のひとり旅

休職してから2ヶ月ぐらいで、体調が落ち着いてきたんです。

でも、自宅療養をしていると、「どこか行きたいな」なんて考えることもあって、、

それで、「海」にすごく行きたかったんです

だから、奥さんにおねがいして、「ひとり旅」をさせてもらいましたw

ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!

そして、選んだのが、電車で行ける横浜(都内在住なので1時間ぐらいでいけます)。

 エリアだけ決めて、あとは宿泊サイトでホテルを選ぶだけ

 「素泊まり」のプランで安く済ませたかったので、あふ・楽天とかで色々探しました。

あとは、事前に行きたいお店を選んで、それ以外はノープラン。

海の見える公園でぼーっとする、ホテルで読書をする。ふつう、家でやっていることを、場所を変えてやってみるのは、オススメです

ちなみに、この時の旅費は1泊2日で10,000円ほどでした

  • ホテル代:7,000円 
    (ぼくはここでホテルを見つけました。「国内・海外旅行はJTB!」)
  • 交通費:1,500円
  • 食費代:2,000円
  • 家族へのお土産:1,000円
  • 合計:12,500円

休職でお休みをしていても、これぐらいの費用なら「治療のため」と思えば安いとは思いますよ

適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ

ぼくは、休職中に2回旅行をして、このブログを書いたときは元気に仕事をしています。

【休職中なら必読】適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ:まとめ

【休職中なら必読】適応障害の治療に、旅行がおすすめなワケ:まとめ

休職をしていると、ずっと家に居ないといけないなんて思いませんか?

でも、たまには場所を変えて、リフレッシュすることは大事です。

適応障害の治療には、旅行することがオススメです。

旅行をしたことで、ぼくは適応障害を克服して、転職することもできました。

早速、旅行に行って気分を変えてみましょう!間違いなく、リフレッシュできます。

長文におつきあいくださってありがとうございます。