あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

【長く休んでも気にすんな!】休職期間が長くても転職は成功する

この記事をシェアする

ブログのポイント

  • 毎日の生活が充実すれば、休職期間が長くてもヘッチャラ
  • 充実するために、自分・家族のために過ごす

 

f:id:masayukismjp:20191122002759j:plain

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)です。

 

 ちょっと、思い出してください。

 

久しぶりになにかをやろうとすると、人は不安になりますよね?

 

何年振りの彼女・彼氏かな?

 

久しぶりのダーツだから、投げられるかな?

 

みたいな感じで。

 

 ちなみに、あやべさんは初彼女が今の奥さんなので、その不安はわかりませんw

 

 はなしが変わっちゃいますが、仕事を長い間休んだり、仕事を辞めて長い間無職だったりするとすごく不安ですよね?

 

 それに、転職もしているとすれば、もっと不安だと思います

 

でも、安心してください(古い?)

 

 長い間休んでても、過ごし方を工夫すればきっと転職は成功しますから。

『はじめに』

 

 ぼくは、適応障害で9ヶ月、休職をしました。

9ヶ月の間仕事をしていないから、元気になっても仕事ができるか不安でした。

 

 「復職できるかもわからない。」

 「転職をするかも決めていない。」

 

でも、毎日の生活・休職期間が充実していれば、休職期間が長くなっても、

面接でちゃんと説明ができるんじゃないか?って思ったんです。

 

 だから、休職期間が長くても気にしないで、目的を持って過ごすことにしました。

 

そうしたら、転職活動を始めて2ヶ月で、納得ができる仕事から内定をもらえたんです

 

だから、

 

休職期間が長くても、転職は必ず成功します

 

『休職期間は長くても、毎日が充実していれば転職は成功する』

f:id:masayukismjp:20191122002907j:plain

 ぼくは20代から30代で、合計4回の転職をしています。

そして、無職の期間が6ヶ月以上だったのは2回もあるんです。その時は子供もいました。

 だから、

  • 自分のため
  • 家族のため

休職期間だから、その時にしかできないことを、楽しんで取り組んでみました。

 

 そうすると、ぼくみたいに適応障害のような、心の病気の人は、リフレッシュになります

 

 仕事を辞めて、無職になっている人は、自分のため・家族のために過ごす自分に自信を持つことができます

 

それは、転職の面接でアピールできるポイントになるんです。

 

 だから、

 休職期間が長くても、転職は成功するんです

 

『休職をしている間に、あやべさんがやった、4つのこと。』

f:id:masayukismjp:20191122002941j:plain

 

 それでは、あやべさんが、休職中にしたことことが4つあります。

 

それは、

  1. 「家族のため」に、家事をした
  2. 「新しい仕事のため」に、勉強をした
  3. 「仕事ができるよう」に、運動をした
  4. 「知識を増やすのに」資格について勉強した

 

次に、その4つのことが、ぼくにどう影響したのかをご紹介しますね。

 

《「家族のため」に、家事をした》

 どうしても、家にいると家事をしないのはどこの家庭でも聞く、悩みではないでしょうか?

 

 せっかく家に長くいるのなら、洗濯、掃除、料理、買い出ししませんか?

 

ぼくは、全力でやってみました。すると、奥さんとは違うこだわりが出てきました。

 

そんな主夫っぷりはこちらのブログで。

 

www.ayabesan.com

 

 もし、転職活動の面接でアピールするなら、「家事・育児に積極的に協力しました!」なんて、言えるかもしれませんね。

 

 転職活動をして、面接のチャンスが少ないなら無料のミイダスで登録して、アピールを試してみませんか?

 

《「新しい仕事のため」に、勉強をした》

 勉強と聞くと、「参考書を買ったりしなきゃ」と思うかもしれません。

気になる内容の本を読むことも、勉強になります。

 仕事をしていなくても、新しい知識を増やして自己成長を続けたということが、大事なんです。

 ぼくは、本を読むことと、パソコンスキルを上げるのに参考書を借りて勉強をしました。
 
 それも、面接ならアピールできるポイントです。

「休職期間が長かったので、その間に100冊本を読みました!」なんて言えば、アピールになるのは間違いなしです。

 

《「仕事ができるよう」に、運動をした》

 仕事は体力勝負です

 仕事をしていないと、ついついお昼寝、なんてこともあります。

ぼくは、昼寝すると3時間ぐらいしちゃうので、仕事になりませんねw

 なので、適度に運動をしましょう

もちろん、ぼくも週に何回か近所を軽くランニングしたりしてました。

 スポーツや健康にいいことは面接では、評価をよくするので、ぜひ運動はやりましょう。

 

《「知識を増やすのに」資格について勉強した》

 いくら勉強をしていることをアピールしても、納得してもらえないのが、社会のツライところです。

 それなら、資格を取るのに勉強してみませんか?

もし、未経験の業界や仕事に転職しようと考えている人は、資格の勉強はオススメです

 「未経験の仕事に対して、よく調べてるな」なんて、面接で思われれば、評価もすごく上がるのは間違い無いです。

 絶対に面接の質問で、「どんな資格が必要ですか?」なんてことは聞かないでくださいね。

 

 

 この4つのことを、試してみたら、絶対に休職期間・無職の期間が長くても、毎日充実して過ごすことができます

 

それは、「休職期間が長くても、転職は必ず成功する」、過ごし方なんです。

 

『おわりに』

f:id:masayukismjp:20191122003019j:plain

 ぼくも、9ヶ月も休職期間を過ごしていれば、不安な時もありました

 

でも、新しい仕事を探したり、復職するのはそれなりの自信が無いとできないことです。

 

 だけど、その自信は仕事に直接関係はなくても、毎日過ごしている中でやっていることでも自信に変わるんです。

 

 もし、休職期間・無職の期間が長くても、気にしないで!

 

あなたが、何気なくやっていることを思い出せば、自信が湧いてくるはず。

 

 まだ、面接をしたことが無いなら、下のリンクから、面接のチャンスを作ってください

 

 

きっと、あなたにもいい出会いが見つかります。

 

 長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。