あやべさんのブログ

仕事・ストレス・こころの病気で悩んでいる方のヒントを紹介してます。

復職の前に絶対読んで! 適応障害なら転職をするべき3つの理由

この記事をシェアする

みなさん、こんにちは。

あやべさんのブログをご覧いただき
ありがとうございます。

今回は

適応障害で休職しているなら
復職をしないで転職をするべき
3つの理由を紹介します。

あなたが休職中で
復職を悩んでいるのなら
このブログを読んで参考に
してください。

ちなみに、
ぼくは休職中に転職活動を
成功させたので
転職をオススメします(笑)

 

f:id:masayukismjp:20190713000401j:plain

『はじめに』

ぼくが休職し転職したのは
理由がありました。

それは

仕事内容・職場環境が
合わなくてストレスがたまって
適応障害になったからです。

治療中に受けたカウンセリングでは
自分の
好きなこと
嫌いなこと
をはっきりさせる思考になりました。

同時に同時休職をしていた会社から

復職拒否

を受けたことで転職を決心しました。

詳しいことはこちらのブログ
ご覧ください。

 

www.ayabesan.com

 

はなしを戻しまして、

 

もし、
あなたがまだ休職中だったり
休職期間が残り少ないのなら
ぜひこのブログを参考にして
転職するべきです。

 

ぼくは適応障害で休職中の方なら
転職するべきだと思います。

 

それでは、
その理由をご紹介しますね。

理由1:データで見る体調不良で転職する人の数

「転職したいけど休職
 してたから無理じゃないか?」

「適応障害だったから
 仕事が決まらないんじゃないか?」

という考えが聞こえてきそうですよね?

では早速こちらのデータをご覧ください。
転職エージェントのdodaで紹介している
転職理由のデータです。

f:id:masayukismjp:20190711144621p:plain

ご覧いただきますと
圧倒的に多いのが待遇面やキャリア等を
理由としたものが大半を占めます。

ですが、中には

体調不良で仕事が続けられなくなったこと

人間関係がうまくいかなかったため

ハラスメントにあったため

と環境によって転職をする理由の人が
いるんです。

もしあなたが
復職したいけどまた病気が再発するかも
転職したいけど休職が理由で次の会社が
きまらないかも

と不安になっているようでしたら
安心していいと思います。

適応障害で休職し、転職することは
十分に転職理由になります。

理由2:データでみる休職して退職した労働者の数

みなさんは、
自分と同じように
適応障害などで休職する人
どれくらいいるのか
想像したことありますか?

そして、
その休職した人たちが退職をしたのは
どれくらいなのかご存知ですか?

それでは早速こちらをご覧ください。

 

f:id:masayukismjp:20190712215305p:plain

平成29年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況|厚生労働省

こちらは厚生労働省が発表している
労働安全調査のデータです。

労働安全調査とは
行政が会社に対して社員の健康管理を
義務付けているルールがあります。

そのデータから見ますと
どの会社の規模でも
休職を1ヶ月以上し、
その後退職をしている方が
いるということです。

ということは
休職から退職をして
転職活動をすることは
おかしなことではないと言えます。

また業種別に休職された方の
データも掲載されています。

f:id:masayukismjp:20190712220929p:plain


あなたが勤めている業種、
勤めていた業種はありますか?

このグラフでぼくがお伝えしたいのは
どの業種・仕事をしていても
メンタルヘルス(適応障害やうつ病)が
原因で休職・退職することは
少なからずあるということです。

もしあなたが
適応障害・うつ病などで休職中なら、
転職して新しい環境で仕事をするのが
いい方法だとオススメします。

そのためには、
適応障害・うつ病など自分の症状を
治療する必要があります。

それから転職について
ゆっくり考えましょう。

理由3:復職しても職場環境が同じだと再発する

このブログを読んでいる方で
復職に向けて職場の上司や人事と
打ち合わせできている方は
どれくらいいるでしょうか?

「理由1」でご紹介した通り
休職した原因は職場での人間関係
なのがほとんどです。

もし復職をしてもその人間関係が
改善されていないと
あなたの病気が再発し
また休職をすることになります。

また、人間関係ではなく
あなたの性格や考え方ストレス耐性
が職場に合わない場合、
ストレスを溜めないようにする対策
を職場の上司・同僚と打ち合わせ
しておく必要があります。

もしあなたの職場が
復職に前向きだったり、
仕事量を減らしたり、
部署を変える(人事異動)
なら復職してもいいと思います。

ですが、
復職に対して協力的ではない
あなた自身が復職に自信がない
のであれば転職をオススメします。

適性検査LP

休職中の転職活動は悪くない

「でも休職は職場に復帰するために
休んでるんでから、
転職活動なんてできないよ!」

て聞こえてきそうですね。

でも、
その考えは休職中は必要ありません。

だって、
あなたの会社はその会社だけでは
ないからです。

あなたは、
無理をして仕事をして
自分の心を病気にして
休職してしまったのです。

だから、
あなたのこれからの
社会生活を考えれば、
最初の考えは見栄を張っている
と考えてみてください。

ぼくも同じことを考えたので
転職エージェントに相談をしました。

すると回答は

休職中に転職活動を
する人はたくさんいる

転職エージェントの考えからしても
休職中の転職活動は問題ない
という考えなんです。

もし復職を悩んでいる方、
休職のことで転職ができないと
思ってる方はまず
転職エージェントに相談してみましょう。

きっとあなたの悩みが
なくなると思います。

無料相談はこちらから

未経験の転職ナビ

オススメ転職エージェントはワークポート

休職中にいくつかの
転職エージェントを利用しました。
その中でも特にオススメするのが
ワークポートです。

オススメの理由は3つです。

  1. リクナビnextやdodaがオススメする
    パートナー会社としてNo1
  2. 利用・相談は無料なのに専門的なアドバイス
  3. 未経験でもチャレンジができる求人が豊富

もし休職して新しい仕事に転職するなら、
未経験求人が得意なエージェントが
オススメです。

簡単な登録と面談であなたの転職活動を
サポートしてくれるので、
ぜひ利用してみてください。

こちらから
無料の相談・登録ができます。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

おわりに

 

ぼくは休職すると同時に
職場の上司から

「他の道も探した方がいい」

と言われました。

結局、会社と復職に向けた
話し合いはしないで
休職満了と共に退職しました。

でも事前に自分の気持ちを整理し
これからをどうやって生きていくか
を考えたときに、
転職をすると決めました。

このブログを見て復職するか
悩んでいるあなた、

自分が本当に何をして
生きていきたいかを
じっくり考えながら
病気を治してください。

それが復職でも転職でも
納得して仕事をすることができます。

長文ではありますが、
ブログを読んでいただき
ありがとうございます。

ブログを気に入ってくれたら、
ブックマークやツイッターで紹介
してくれると嬉しいです。

皆さんの病気が治ること、
転職活動が成功することをお祈り
しています。