あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

【令和じゃあたりまえ】適応障害が社会のビョーキな理由2つ

この記事をシェアする

このブログのポイント

  • 適応障害は社会のビョーキです
  • 適応障害の人がふえてます
  • ムリして仕事してません?

2019年12月21日更新

 

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)のブログをみてくださって、ありがとうございます。

 

今回のテーマは、適応障害とは社会のビョーキです。

 このブログをご覧の方は、適応障害になってしまった人もいるんじゃないでしょうか?

 

ぼくは、適応障害になってしまって、休職をしました。

 なんで、ぼくが適応障害になったの?

という考えから、ブログを書いてみました。

はじめに

 最近、適応障害で芸能活動をお休みする、芸能人さんのニュースをよく見かけませんか?

 もしかしたら、あなたの職場でも、うつ病・適応障害で休職している人いるかもしれません。

 でも、大体の人はこういうことを思うはずです。

あの人、メンタルを病んじゃうようには見えないのに

あの人、前は明るかったのに、最近暗いよね?

なんて思ってるあなたは、アブナイ

 というか、その考えは変えましょう。

あなたも、そのうち、うつ病・適応障害になってしまうかもしれません

適応障害とは、社会のビョーキ

 そんな芸能人が適応障害になったニュース、政治家さんが不祥事を起こすとほとんど適応障害で安静のニュースw

 まぁ、適応障害を見る機会がふえているなと感じました。

そんな時、面白いデータを見つけました

 

ちょっと、ご紹介します。

データ1:うつ病・適応障害にかかる人は毎年増えてきている

 まず、コチラのグラフを見てみてください。

f:id:masayukismjp:20191214073209p:plain

【索引元:精神疾患のデータ|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

厚生労働省から発表されている、データなんです。

真ん中にある、オレンジ色のところがうつ病・適応障害が含まれる、気分障害の数なんです。

 

 毎年ふえてますよね?

平成26年は110万人

平成29年は127万人

 

ということは、

 

3年後の、令和2年は140万人⁈

 

もしかしたら、あなたもそんな病気になってるかもしれませんよ

 

データ2:退職者が減ってることは働く人がムリしてる?

 政府の調査によると、働く人の数は毎年ふえているデータがあります。

2018年まで6年間、毎年100万人ぐらいふえているようです。

 

f:id:masayukismjp:20191214075140p:plain

【索引元:労働力調査から抜粋】

はたらく人が増えることは、イイと思います。 

 

 次にコチラのデータも、見てください。

f:id:masayukismjp:20191214074541p:plain

【索引元:労働力調査から抜粋】

自己都合で退職した人のデータなのですが、コチラは毎年少なくなっています

 

みんなお仕事頑張ってるんだな!」って思いますよね?

 

じつは、働く人の内訳として

従業者(働いている人)

休業者(要するに、お仕事を休んでいる人(育休や休職をしている人))

も含めてるんですよね?

f:id:masayukismjp:20191214075430p:plain


【索引元:労働力調査から抜粋】

ということは

仕事はやめられなくて、休んでいる人が増えているになりませんか?

精神疾患のデータを見ても、ほぼ同時期に精神疾患の人がふえ、休職者も含めた労働人口がふえている

 

ムリして、仕事してるんじゃないですかね?

どうしたら、適応障害にならないか

 それじゃ、どうしたらうつ病や適応障害の病気にならないか。

 

それは、環境を変えましょう!

  1. 職場環境
  2. 人間関係
  3. 生活環境

あなたが、ストレスに感じることなら、なんでも変えていきましょう。

サラリーマンなら適応障害になる前に転職しちゃおう

 職場環境を変えて、うつ病・適応障害の病気を防ごうなんて言ってみました。

でも、人事や上司にそんなお願いをしても、なかなか受け入れてくれないと思います。

 

 それなら、転職しませんか?

今は誰もが転職をしていてもおかしくないです。

転職経験者・あやべさんが、よくつかった3つの転職サイト

ぼくは休職中に転職をして、環境を変えました。

 ぼくは適応障害で休職を9ヶ月していました。

適応障害になった原因は「職場環境」「(上司との)人間関係」です。

 

 だから、適応障害の症状が軽くなってから、転職活動をはじめました。

転職活動の期間は3ヶ月ぐらいです。そこで、未経験のIT業界に就職をしました。

 

そんな転職活動のブログはコチラで紹介してます。

 転職はあなたの職場環境を変えてくれます。

あなたも、転職を考えてみませんか?

 休職中に利用した転職サイトはコチラです。

あやべさんが休職中に利用した、5つのオススメサイト

おわりに

 うつ病・適応障害などの精神疾患になってしまう人は、毎年ふえています。

それは、昔とは違う働き方、生活の仕方、生き方となっているのに、社会は昔のまんまの価値観だからなんだと思います

 社会が、適応障害を生活習慣病などの病気と同じ、現代病とするのも近いのかもしれません

 それなら、転職などの手段で環境を変えてみるのもイイかもしれません。

 

あなたは、ムリに仕事を続けていませんか?

世の中には、たくさんの仕事があるので、探せば見つかりますよ。

ムリして仕事を続けてる方は、コチラから求人みてみませんか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。