【ニートも就職できる!】世界と日本のニートの違いは、「やる気」

みなさん、こんにちは。あやべさんです。

あなたは、ニートの本当の意味知っていますか?

絶賛ニート中のひとや、ニートに憧れてるあなたも、ニートの意味を知りましょう。

そんなテーマでブログスタートしていきます!

ニートは日本だけじゃない

朝日新聞デジタル

 国際労働機関(ILO)は20日、世界の15~24歳の若者のうち、22%が「ニート」状態となっているとする年次報告書を発…

が発表されました。

パット見、

世界の若者の22%がニートなの?

とビックリするぐらいです。

ただ読んでいくと、ニートを説明している内容がイメージと違いますね。

じつは、ニートはただの怠けものではないみたいです

世界のニート、日本のニート

世界のニート、日本のニート

ニュース内でもニートについて書いてありますが、ニートの定義を調べてみました。

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)
18才から24歳の、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないこと。

ニート – Wikipediaより

となっています。

しかし、日本のニートの説明だと、

15から34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者

ニート – Wikipediaより

になってるんです!

海外と日本では、ニートの考えがそもそも違うんですよね。

ちなみにここでいう、非労働力人口というのは、

  • 通学=学生
  • 家事=主婦(主夫)

のことです。

要するにニートは、

15から34歳までで、学生でもなく、主婦(主夫)でもない、働いていないひとのことを指しています。

ここまで聞くと、日本のニートは「怠け者」のようなイメージになりますね。

日本のニートの数は?

Yahoo!ニュース

先日発表された労働力調査の結果を基に、いわゆる「ニート」に該当する「若年無業者」の動向を分析する。日本ではどれほどの人数…

とありますが、2018年時点で、70万人がニートにあたるとされています。

日本の総人口が1億2000万人ですから、約5%の人がニートなんです。

今回、全世界の人口のうち、>2億6000万人の方がニートということですから、日本は約2%を占めるみたいですね。

ちなみに、70万人という数は高知県の全人口の数とほぼ同じでした、、

そう考えると、ニートとなっている人が多いのが分かります。

ニートとフリーターの違い

ここで、よく聞くフリーターとの違いをご説明します。

フリーターの方、お気を悪くしたらすみません。

ニートとフリーターの違いは、働く意思があるかないか!

かんたんに言うと、やる気ですw

なので、働く意思があって就職活動・仕事を探している人は、フリーターです。

なんか、カンタン理由でビックリでした。。

でも、なんでニートになってしまうのか?つぎは、ニートになってしまう理由を解説。

ニートになってしまう理由

ニートになってしまう理由

その1:仕事が見つからない

冒頭でニートが怠け者という表現をしておりますが、

こちらの表を見てみてください。

その1:仕事が見つからない

そもそも仕事を探さない理由があります。

  • 探したけど見つからない
  • 希望する仕事が見つからない
  • 知識・能力に自信がない

それらは、タイミングさえ合えば仕事が見つかりそうな気がします。

今までが、不運としか言えない、、

ニートから抜け出すなら、長い期間仕事を探すことが効果的です

その2:メンタルを病んで、ニートになる

厚生労働省の調査では、「引きこもり」と「ニート」は同じです。

「引きこもり」は、メンタル面で悩みを抱えている人が多いです。先ほどの表で「病気・怪我で就職活動ができない」とあります。

ということは、日本の「ニート」、働いていない人になってしまうのですね。

なんだか、かわいそう

ニートは怠け者ではない

ニートは怠け者ではない

世間では、

ニート = 怠け者

と思われています。

先ほどの通り、ニートは様々な理由で仕事ができない人です。

それじゃ、なんでニートは怠け者と思ってしまっているんでしょうか?それは、メディアの取り上げ方が良くないからです。

ニートの生活をイメージすると、

  • 家でゲームや漫画を読んでいる
  • 1日中寝ている
  • 食べては寝てを繰り返している

なんてイメージじゃないですか?

それは、「働けない・メンタルを病んでる」やる気のないニートをメディアが取り上げ、世間が 「ニート=怠け者」 にしてしまったからです。

ニートは怠け者ではありません。今だけ、やる気がないのです。

つぎは、ニートの読者向けに用意しました。

ニート向け、オススメ就職サイト3選

ニート向け、オススメ就職サイト3選

転職経験者あやべさんですが、ニートのことを調べるうちに、共感をしました。

就職浪人や、無職の期間が長い人はなかなか選考に進めないものです。

そんなこともあり、ニート向けの就職サイトをリサーチしました。

オススメは、アドバイザーと面談しながら就職活動ができる、就職エージェント

ここでは、アドバイザーと面談する、就職エージェントを選びました。

オススメ1:UZUZ

  • 10代〜20代のニート・フリーターを対象にした、就職エージェント。
  • 書類選考通過率は87%、内定率は86%
  • ブラック企業は紹介しないように、厳しい基準を設定

\就職サポートはぜんぶ無料/

UZUZで就活はじめる

オススメ2:就職shop

  • 就職大手リクナビが運営する、就職エージェント
  • 10代〜20代の社会人経験ないひと(ニート、フリーター)を対象
  • 書類選考なしで、人物重視で選考ができる

オススメ3:ハタラクティブ

  • 20代社会人未経験をメインにした、就職エージェント
  • 求人は事前に調査された、安心求人
  • 内定率80%にする、マンツーマン対応

【ニートも就職できる!】世界と日本のニートの違いは、「やる気」 | まとめ

【ニートも就職できる!】世界と日本のニートの違いは、「やる気」 | まとめ

  • 日本と世界でニートの意味が違う
  • ニートは働く気がないひと
  • ニート=怠け者は、メディアが作った誤ったイメージ
  • メンタルの不調、就職先が見つからないでニートになる
  • ニートで就職するなら、ニート向け就職エージェントで

ニートについて分りましたか?

イメージだけで判断するのは、失礼だと思いませんか?というより、メディアがニートのことを正しく伝えてくれればいいだけの話ですね。

好きでニートになっているわけではない。

ニートのかたも、大変な思いをしていると思います。ぜひ、マイペースで就職活動を頑張ってください!

よければ、ぼくのブログで励みになるとうれしいです。

関連記事

 あやべさんみなさん、こんにちは。あやべさんです。コロナで会社の将来が不安になったり、お給料が減ったりで転職を考えているひともいるのでは?今はだいじょうぶでも、「会社がつぶれる」な[…]

【ニートも就職できる!】世界と日本のニートの違いは、働きたいか⁉︎
最新情報をチェックしよう!