【ニートも就職できる!】世界と日本のニートの違いは〇〇

f:id:masayukismjp:20191116122959j:plain

みなさん、こんにちは。

あやべさんです。

あなたは、ニートの本当の意味知っていますか?

そんなテーマでブログスタートしていきます!

はじめに

www.asahi.com

が発表されました。

パット見、

世界の若者の22%がニートなの?

とビックリするぐらいです。

ただ、読んでいくと、ニートを説明している内容がイメージと違いますね。じつは、ニートはただの怠けものではないみたいです

世界のニート、日本のニート

f:id:masayukismjp:20191108065400j:plain

ニュース内でもニートについて書いてありますが、ニートの定義を調べてみました。

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)
18才から24歳の、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないこと。

ニート - Wikipediaより

となっています。

しかし、日本のニートの説明として

15から34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者

ニート - Wikipediaより

となっています。

なので、定義がそもそも違うんですよね。ここでいう、非労働力人口というのは、

  • 通学=学生
  • 家事=主婦(主夫)

のことを意味しています。

要するに、

15から34歳までで、学生、主婦(主夫)、働いている人以外のことを指しています。

ここまで聞くと、日本のニートは「怠け者」のようなイメージになりますね

日本のニートの数は?

news.yahoo.co.jp

とありますが、昨年度時点で、70万人がニートにあたるとされています。

日本の総人口が1億2000万人ですから、約5%の人がニートなんです。

今回、全世界の人口のうち、>2億6000万人の方がニートということですから、日本は約2%を占めるみたいですね。

ちなみに、70万人という数は高知県の全人口の数とほぼ同じでした、、

そう考えると、ニートとなっている人が多いのが分かります。

ニートとフリーターの違い

ここで、よく聞くフリーターとの違いをご説明します。

フリーターの方、お気を悪くしたらすみません。

ニートとフリーターの違いは、働く意思の有無です!

なので、働く意思があって、就職活動・仕事を探している人がいればフリーター扱いなのです。

なんか、単純な理由にビックリでした。。

ニートになってしまう理由

f:id:masayukismjp:20190619065250j:plain

その1:仕事が見つからない

冒頭でニートが怠け者という表現をしておりますが、

こちらの表を見てみてください。

f:id:masayukismjp:20200121230311p:plain

そもそも仕事を探さない理由があるんですね。

  • 探したけど見つからない
  • 希望する仕事が見つからない
  • 知識・能力に自信がない

それらは、タイミングさえ合えば仕事が見つかりそうな気がします。

なので、長い期間、仕事を探すことが効果的かもしれません。

その2:ニートは引きこもりと同じ

厚生労働省の調査では、「引きこもり」と「ニート」は同じ扱いなんです。

「引きこもり」で困っている方は、メンタル面での悩みを抱えている人が多いはずです。先ほどの一覧の中にも「病気・怪我で就職活動ができない」とあります。

ということは、日本の「ニート」の定義にある、働いていない人になってしまうのですね。

なんだか、かわいそうな理由です。

ニートは怠け者ではない

f:id:masayukismjp:20190627203528j:plain

世間一般では、

ニート = 怠け者

と思われています。

先ほどの理由の通り、ニートは様々な理由で仕事ができない人のことを意味しています。

それじゃ、なんでニートは怠け者と思ってしまっているんでしょうか?それは、メディアの取り上げ方が良くないからです。

怠け者のニートの生活をイメージすると、

  • 家でゲームや漫画を読んでいる
  • 1日中寝ている
  • 食べては寝てを繰り返している

なんてイメージじゃないですか?それは、本当にごく少数の怠け者ニートを取り上げたメディアを見て、世間が 「ニート=怠け者」 にしてしまったからです。

今日から、ニートの方を怠け者と考えるのはやめましょう!

ニートを対象にした就職サイト・サービス

f:id:masayukismjp:20191024064659j:plain

転職経験のある、ぼく・あやべさんですが、ニートのことを調べるうちに、すごく共感をしてしまいました。

就職浪人や、無職の期間が長い人はなかなか選考に進めないものです。

そんなこともあり、ぼくなりにニート・無職の方を対象にした就職サイトをまとめました。

オススメは、エージェントさんと面談しながら就職活動ができるエージェント系がオススメです

もちろん、自分で登録して、企業からオファーなどがあれば面接をする、転職サイトも便利です。

ですが、オファーをする企業はあなたのプロフィールを細かく見ていないケースがあります。

それなら、事前にエージェントと打ち合わせができる就職エージェントがオススメになります

ぜひ、就職活動の役に立つとうれしいです。

転職経験のある、あやべさんがオススメしたい無料の転職サイト

まとめ

f:id:masayukismjp:20191112224823j:plain

ニートについてお分かりいただけましたか?

イメージだけで判断するのは、非常に失礼だと思いませんか?というより、キチンとメディアもニートのことを伝えてくれれば、いいだけの話かもしれません。

そして、

世界と日本のニートの違いは働ける環境があるか・ないか

日本は学校に行ける時点で世界と違いますね。

ニートのかたも、大変な思いをしていると思います。ぜひ、諦めずに就職活動を頑張ってください!

よければ、ぼくのブログで励みになるとうれしいです。

www.ayabesan.com

長文にお付き合いいただきありがとうございました。