あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

【転職を成功させるコツ】 面接で言ってはいけないNGワード4つ

この記事をシェアする

ポイント

  • 面接で不合格になるのは、NGワードを使っているから
  • NGワードを解決ワードに変えて、転職を成功させよう

2019年12月5日更新

f:id:masayukismjp:20190517234505j:plain

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)です。

 

 大事な場面で、「あっ、マズイこと言っちゃった」って思って、アタフタしちゃうことありますよね?

 

 今回のテーマは、転職活動の面接で、言ってはいけないNGワードです。

ぼくが転職活動で言うと必ず不合格・不採用になったNGワードをまとめました。

面接対策にオススメです。

はじめに

 あなたは、人前でしゃべることできますか?

緊張したり、話してるコトがわからなくなったりしませんか?

 

 転職活動では、必ず面接はしなくちゃいけないですよね?

もちろん、事前準備をしっかりして面接に臨んでも不合格・不採用なんてことはよくあります。

 

 これから紹介するNGワードは、みなさんも知らない間に使っているんじゃないかと思います。

 

 NGワードの意味と、その解決ワードと一緒に見てみてください。 

 

他にも、面接に使えるブログも書いてますので、そちらもご覧ください。

NGワードを使うから、転職活動は成功しない

f:id:masayukismjp:20191205065024j:plain

 書類選考は通るのに、面接ではなかなか内定がもらえないなんてよく聞きます。

多分、それは、

書類でいいこと書いてるのに、面接で話したらイマイチだった

と、面接官が感じてしまってるからです。

 

 知らないうちに、面接で不合格になるNGワードを使っているんです。

 

 ぼくがよく使っていた4つのNGワードがありました。それを、注意して言い直したら、内定がもらえたんです。

ポイント

書類選考は通るのに、面接で不合格なのはNGワードを使っているから

 次からは、ぼくが使っていたNGワードと、転職を成功させた解決ワードをご紹介します。

NGワード1:成長できる環境

 ひとつめは、「成長できる環境」です。

志望動機でよく使われる、ワードです。あなたも、使ってませんか?

 

御社でしたら
成長できる環境だと考え志望しました!

 

なんて、言ってるひといませんか?

 

 一見すると、前向き、ポジティブに聞こえませんか?

でも、採用する側から見れば、

 

成長はどこでも出来るでしょ?

 

と考えると思います。

 

そして、成長できる環境というのは入社しちゃえば勝手に成長できちゃう、努力しなくてもいいなんて意味にも聞こえます。

 

 大事なのは、あなたが新しい会社・環境でどう取り組むかです。

 

解決ワード:知識を吸収する

 新しい会社・環境に行けば、誰でも色々なことを経験します。

そして、新しい知識を吸収する事で成長できます。

 

ただその環境にいるだけでは、成長はできません。

新しい知識を吸収して成長していきたい!

と面接官に答えれば、前向きだと思われるでしょう。

 

NGワード2:頑張ります!

 ぼくも、たまにいってしまうこのNGワード。

 

すみませんが、新しい職場・環境で、頑張るのは当たり前です。

 

 ただ、未経験の求人の場合は覚えることがたくさんなので必ず頑張らないといけませんので、言わないとアピールにならないかもしれません

 

 意気込みは大事ですが、たくさん言うのはダメです。

解決ワード:すすんで・積極的に

 新しい職場でよくありがちな考え方、 

  • 分からないことがあっても聞けない
  • 失敗するのが怖い
  • 何をしていいかわからない

なんてことで、おとなしくなってしまうこともあります。

すすんで自分から、分からないことを質問したり・勉強して取り組みます

とかの、積極的な気持ちをアピールすれば転職は成功します。 

NGワード3:協調性があります

 これも、よくいうNGワードです。

 

特に、就活生は学校の中やサークル転職活動のひとだと、チームやプロジェクトでの経験から協調性があることをアピールします。

 

 えっと、仕事はチームワークでします。

 

だから、協調性がないと仕事になりません。

 

たまに、人事が年配の方ならウケはいいかもしれません。

 でも、それよりも若い方ですとあまりアピールになりません。

解決ワード:調整力があります

 仕事は、仲間を好き嫌いで仕事はできません。

 

もちろん人間なんで、相性が合わないひとはいます。

○○の経験から、調整力を高めて仕事をしてきました。

なんて、答えれば

  • 調整しながら仕事ができる能力がある。
  • 仕事仲間だけでなくお客さまとの関係でも活躍する

と思われるでしょう。

調整力はアピールになること間違いなしです。

NGワード4:コミュニケーション能力が高い

 仕事をする以前に、生きていく上で必要な能力ですので、ないと困ってしまいます。

コミュニケーション能力は、職種・業界問わず仕事には必ず必要な能力です。

 アルバイトやサービス業経験があって、あなたの接客で売り上げがアップしたのなら、アピールしてイイと思います。

 でもそれ以外のエピソードなら、アピールするのはNGワードになります。

解決ワード:ホスピタリティ

 ホスピタリティはもともと、観光業界・ホテル業界で使われているワードです。

 

 東京オリンピックやサミットの開催で相手を気遣うこころ

 

お・も・て・な・し

 

がブームとなりました。

 

 ホスピタリティは、相手のことを考えてコミュニケーションを取ったり、行動したりすることを意味します。

ホスピタリティマインドで、仕事に取り組んでいます。

と伝えれば、

サービス業でなくてもホスピタリティというワードを使えば好印象になります。

まとめ

f:id:masayukismjp:20191205065047j:plain

 あなたの用意した自己PRや、面接・履歴書の長所にいくつNGワードが入ってましたか?

 ただひとによっては、NGワードを言っても内定・採用されることもあります。

面接は、あなたの人柄をアピールします。

 

自信を持って、自分の経験してきたことをアピールしましょう。

 

アピールできない!

 

自信がない!

 

なんて方は、無料の転職サイト・エージェントを利用して面接対策・書類対策をして、アピールするところを探してもらいましょう。

 

 こちらのブログでは、転職の成功までをまとめたブログです。

www.ayabesan.comみなさんの転職活動が、成功することをお祈りしています。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。