【テレワークをした感想です】在宅勤務はあたらしい働き方

【テレワークをした感想です】在宅勤務はあたらしい働き方
みなさん、こんにちは。

あやべさんのブログをご覧いただきありがとうございます。

コロナウィルスの影響で、テレワークをしているひとが増えました。そんな、テレワークを実際にぼくもすることになりました。

会社がテレワークを入れてくれない

他のひとはどんなテレワークしてるのかな?

と気になるかたに、テレワークした感想と、気になったことを解説します。

適応障害の経験を電子書籍にしました。

ぼくの働き方改革は、適応障害からはじまった。』はコチラから。

まんがびとさんにて販売中!

「テレワーク・リモートワーク・在宅勤務とは」

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務とは

ひとまず、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の違いを解説します。

と言っても、こちらのブログで解説してます。ぜひ、ご覧ください。

ですが、在宅勤務については解説していないので、チョット解説します。

在宅勤務とは、「自宅で仕事をすること」です。だから、テレワーク・リモートワーク は、在宅勤務の仲間ということです。

ポイント1

テレワークは在宅勤務と同じ意味

そんな在宅勤務を、ぼくはすることになりました。次は、テレワークを実際にやってみた感想をご紹介しますね。

「テレワークを体験したから分かる、メリット」

テレワークを体験したから分かる、メリット
ここからは、テレワークを実際にやってみた感想をご紹介していきます。

まずは、テレワークのメリットです。

【テレワークのメリット】

・満員電車に乗らなくていい

・身だしなみを気にしなくていい

・ムダに同僚と顔合わせの必要がない

・ランチ・おやつの無駄な買い物がない

・仕事が終わったらすぐにお風呂に入れる

・リラックスした環境で仕事をすることができる

このメリットをまとめて言うのであれば、リラックスして仕事をすることができることです。

他にも、テレビ会議なども数回ありました。そこでは、Zoomの会議アプリを使うことで仕事の仲間とコミュニケーションを取ることができます。

zoom.us

Zoomではあなたの声をミュートする、カメラ機能のON・OFF機能、背景の壁紙機能があります。

子供がいて音が気になる、会議の日に顔がむくんでる、部屋が散らかってて恥ずかしい、なんて思うひとでも安心して仕事をすることができます。

利用してみたいと考えているひとは、下のリンクから覗いてみて下さい。

<<<Zoomのリンク>>>

ただ、ネットワークが安定しないこともあったりします。(ここはデメリットで紹介します。)

みなさんが毎日感じている、仕事のストレスがほとんど削減されます。

ポイント2

テレワークはストレスなしで働ける⁉

つぎは、テレワークのデメリットを紹介します。

「テレワークを体験したから分かる、デメリット」

テレワークを体験したから分かる、デメリット
ここでは、テレワークを体験して感じた、デメリットをご紹介します。

【テレワークのデメリット】

・集中力が持たない

・買い出しにいきにくい

・自宅の勤務で飽きてくる

・子供がいると音が気になる

・仕事が終わっても終業まで拘束

・会社のネットワークに入りにくくなる

テレワークのデメリットと言えば、オフィス環境のありがたみが分かることでしょうか。

ぼくのマインドの問題もありますが、『「オフィスに行く」=「仕事をする」』の仕事スイッチが入るのは間違いないと思います。

ネットワークのスピード、デスク・サブモニターなどの設備、生活音が気になることが挙げられます。

そんな気になる点は、休憩を適度にいれる、仕事専用にwifiを利用する、家族に事前に仕事のスケジュールを共有することで解消できます。

とくに、ネットワークのスピードは仕事を早く終わらせるには必要な環境です。

在宅勤務が増えるとなれば、まずは在宅勤務専用のwifiを利用してみるのもいいと思います。

DMM.com いろいろレンタルでwifiレンタルしませんか?

初期費用もかかるので、レンタルwifiを利用するひとも増えています。これなら、年間契約の縛りもないので、安心して短期間の利用もできますね。

ポイント3

在宅勤務だから分かるオフィスのありがたみ

そんな、テレワークをして感じたことがあります。これからの、働き方は自宅でもできる仕事にシフトしていきそうです。

「テレワーク・在宅勤務は新しい働き方」

テレワーク・在宅勤務は新しい働き方
在宅勤務のテレワークはこれからの新しい働き方になります。ネット環境の整備や、様々な職種で在宅勤務ができるようになりました。もちろん職種によっては、在宅勤務にできないことはたくさんあります。

もし、通勤することが「働いている」ことになっている働き方だとしたら、 働いていることにはなりませんよね?

必要な時に通勤するスタイルが増えるのじゃないか期待をしています。

不満を持って仕事をし続けるのなら、転職を考えるのもイイと思います。

面接確約!転職するならミイダス!はコチラから無料登録しましょう

ポイント4

在宅勤務をしたいなら転職もアリです

【テレワークをした感想です】在宅勤務はあたらしい働き方:まとめ

【テレワークをした感想です】在宅勤務はあたらしい働き方:まとめ

まだテレワークを経験したことがないひとは、チョットはお分かりいただけましたか?

テレワークした感想としては、

自己管理さえできていれば、ストレスなく働くことができる働き方」です。

このブログのポイントはこちらです。

ブログのポイント

その1:テレワークは在宅勤務と同じ意味

その2:テレワークはストレスなしで働ける⁉

その3:在宅勤務だから分かるオフィスのありがたみ

その4:在宅勤務をしたいなら転職もアリです

ぼくが今まで接客業を多く経験していたので、そのまま接客業をしていたら在宅勤務をすることはなかったはずです。でも、スキルを身につけたことでI、T業界に転職し、在宅勤務をすることができました。

ひとつの働き方にこだわらずに、ストレスなく働ける働き方に変わっていく社会になるといいなと思いました。

皆さんも、ぜひ参考にして働き方を考えていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。