てき・てん

(てき)適応障害でも、(てん)転職・働くあなたを応援する、あやべさんのブログ

適応障害で感じる不安を解消する、3つの考え方【精神論みたいだけど】

ポイント

  1. 適応障害で感じる不安は、考え方で消える
  2. 適応障害は、ゼッタイに治る

2020年3月24日更新

適応障害で感じる不安を解消する、3つの考え方

やる気出せ!

気にするな

なんて、部活、職場で言われたりしませんでした?

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)のブログを、ご覧いただきありがとうございます。

最初に出てきたセリフですが、言われた本人は色々な不安を抱えてしまいます。

不安は誰でも感じてしまいます。だけど、適応障害になっているともっと不安になるんですよね?

今回のテーマは、その適応障害で感じていた不安を解消する、3つの考え方をご紹介します。

あなたの、考え方にマッチするかな?

「適応障害でたくさんの不安を感じる」

適応障害でたくさんの不安を感じる

適応障害で休職を9ヶ月間していた、あやべさん。

休職している間は、自宅で休んでいるため仕事はもちろんしません。

すると、どうでしょう。毎日同じことをしていることに、少しずつ不安を感じてきます。

そして、休職の期間が長くなると、どんどん不安が大きくなります。

でもそれは、適応障害と自分の性格を整理していないことにもなります。

適応障害で起きる不安は、3つの考え方で解消することができるんです

「適応障害で感じる不安を解消する3つの考え方」

適応障害で感じる不安を解消する3つの考え方

では、適応障害で感じる不安を解消する、3つの考え方とは何でしょう?

ちなみに、適応障害は、(生活・仕事)環境とあなたの性格が合わなくなったことで、感じるストレスから起きる病気です

その適応障害から起きる不安を、解消するには下の3つの考え方です。

  1. 今を受け入れる
  2. 前向き
  3. 気にしない

では、なんでこの考え方が解消するのかをご説明します。

<今を受け入れる>

適応障害で感じる不安を解消する考え方の1つ目は、「今を受け入れる」です。

適応障害は(生活・仕事)環境とあなたの性格が合わなくなることで、起きる病気です。

それは、あなた自身がその環境を受けれいれることが、あなたの想像以上に大変なことから起きるストレスなんです。

適応障害の人は、「理想が高い」、「プライドが高い」なんて言われます。

あなたが、適応障害になったことを受け入れることが、
不安を解消する方法と言えます

<前向き>

適応障害で感じる不安を解消する考え方の2つ目は、「前向きになる」ことです。

適応障害になっていると、考えがいつもネガティブになりやすいです。

それは、あなたが生活・仕事をする環境という場所が、少しずつ受けれいれらなくなるからなんです。

だから、前向きに考えることで不安を解消することができます

<気にしない>

適応障害で感じる不安を解消する考え方の3つ目は、「気にしない」ことです。

周りの人の視線が気になるのは、適応障害の方によくある特徴。評価と言ってもいいかもしれません。

○○さんは、こんな人

○○さんて、あんな人だったっけ?

そんなことを言われていなくても、勝手にイメージしちゃうのが、悪いクセなんですよね。

だから、気にしないことが不安を解消する方法なんです

「あやべさんが感じてた不安と、その解消方法」

あやべさんが感じてた不安と、その解消方法

それでは、ぼく・あやべさんが適応障害で休職をしていた時に感じた不安と、その解消方法をご紹介します。

<お金のことが気になる>

ぼくは、お金のことを適応障害の時に気にしていました。

休職期間は、人によって違います。長引く人もいれば、短い期間で終わる人もいます。

なので、生活費はすごく不安に感じるところでした。傷病手当金を貰えば、ある程度は収入がありますので、問題はないです。

でも働いていた時と比べれば、もらえるお金は減ってしまいます。

そこは、「今を受けれいて」、多少貯金などを切り崩しても、働けるようになるまで、しっかり休むと考える必要があります。

傷病手当金については、こちらのブログをご覧ください。

www.ayabesan.com

<仕事のことが気になる>

ぼくは休職していても、仕事のことが気になっていました。

休職している期間が長くなると、「復職できるのか?」、「仕事はできるのか?」なんて不安を考えてしまいます。

ぼくも、毎日仕事に対する不安は感じていました。そんな不安を、「前向きに」考えてみませんか?

「さいあく、復職できなかったら、転職するか」

「他の仕事も探せばあるかも?」

なんて、前向きに考えれば不安も少なくなってきます

ぼくは、ミイダスなどの転職サイトや、転職エージェントから紹介された求人を見て、不安を解消させたりしました

<適応障害が再発しないか気になる>

適応障害が再発しないかを、ぼくはずっと気にしていました。

適応障害や他のこころの病気(うつ病)などは、復職した後に再発ことが多いことが特徴です。

カウンセリングを受けていた当時のぼくも、そんな情報を見つけ不安な気持ちになっていました。

でも、再発の情報は「気にしない」で、自分のストレス発散方法を探そうと考えたのです

他にも、自分がどう思われているかを「気にしない」ことで、気分もラクになってきました。

「おわりに」

適応障害で感じる不安を解消する、3つの考え方

適応障害は、環境とあなたの性格が合わなくなったことでおきる、こころの病気です。

そんな時は、自分自身に対する自信がすごく低くなっています。ぼくはほとんど無くなっていました。

だから、不安に感じるのは当たり前なんです。

ぼくが紹介した考え方、

  1. 今を受け入れる
  2. 前向き
  3. 気にしない

は、ちょっと精神論みたいに聞こえますね。

でも、

あなた自身の考え方を少し変えるだけで、不安はカンタンに消えちゃうもんなんです。

だから、適応障害を治すのには、時間がすごくかかるんですよね

あなたも、まわりのいろんな情報を「気にしないで」、「今の自分を受け入れて」、「前向きに」治療を続けていきましょう。

適応障害は、ゼッタイに治ります

それは、このブログで証明しています。

www.ayabesan.com

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。