適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること

  • 適応障害から復職しても異動できない理由
  • 復職したあなたを異動させたくない会社の考え
  • 部署異動ができない時にすること
復職が決まったんですけど、もとの職場で仕事できるか不安で、、
 
あやべさん
人事に異動の相談はした?
復職のときは異動できないと言われちゃって、、

みなさん、こんにちは。あやべさんです。

復職が決まっても、もとの職場で同じ仕事ができるか不安じゃないですか?

このブログでは、なんで復職しても異動させてくれないのかを解説していきます。

まとめが見たいひとはコチラ

適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること

適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること

休職しているひとは、不安になりながら復職をしているはず。

それなのに会社は、あなたのことをもとの部署に復帰させたいと考えています。

なんなら、人事異動のことは後回しです。

だから、休職から復職してすぐに異動はできません。

適応障害で復職したのに異動できない時にすることは、あきらめることです

 
あやべさん
マジメに書いてますので、よければ読み続けてください

ではなんで、復職してもすぐに異動ができないのでしょうか?

つぎの章で解説をしていきます。

\異動ができないなら転職/

ミイダスで転職の準備をする

復職しても、すぐに異動させてくれない理由

復職しても、すぐに異動させてくれない理由

ここで、復職について思い出してください。

あなたの会社にはルール(規約)はありますか?

休職・復職のフローは、会社のルール(規約)で決まっています。

復職したのに異動できない理由は、会社のルールで決まっているから

残念ですが、復職してすぐに“異動できない”と不満を言っても、受け入れてくれません。

ショックを受けているなら、ハローワーク、転職エージェント、キャリアカウンセラーに相談するのもアリです。

異動させない理由は、あなたに“もと”の仕事をして欲しいから

異動させない理由は、あなたに“もと”の仕事をして欲しいから

ここで、あなたが適応障害になった理由を思い出しましょう。

  • 理由1:上司・同僚との人間関係
  • 理由2:仕事内容が合わなかった

だぶん会社は、あなたのことを適応障害にさせたかったとは思いませんよね。

休職は会社とあなたのケンカ

復職はケンカの仲直り

だと思ってください。

異動させないのは、仲直りしてまたあなたに“もとの職場”で仕事をして欲しいんです

*復職してから、職場の人間関係が気になるかたはこちらの記事をご覧ください。

それでも、異動できないことに納得できないときは、どうしたらいいでしょうか?

法律では、「適応障害で復職しても異動できないのは」どうなの?

ここまで異動させてもらえないと、法律的にはNGじゃない?

答えは、法律違反ではないようです。

復職させる場合、原職に復帰させるのが原則ですが、使用者は配転命令権を有するため、権利濫用にならない限度で、従業員の配置を決定することができます。また、使用者は従業員に対して、安全配慮義務を負っているところ、労働者の健康状態によっては原職に復帰させることが安全配慮義務に違反することがあるため、原職以外の職場に復帰させることを検討すべき場合もあります。(引用元はコチラ

上に書かれてるように、復職は原職(もとの仕事)に復帰するのがルールのようです。

もし、適応障害・うつ病で休職していた人の意見を聞いて人事異動をさせてしまうと、
組織(会社)もうまくまとまらないでしょう。

 
あやべさん
それでも納得できないひとは弁護士さんに相談ですね
つぎの章は、復職しても異動できないことをあきらめたひと向けです。

復職したのに異動できないなら、転職を考えましょう

復職したのに異動できないなら、転職を考えましょう

会社は復職したあなたを、もとの職場に戻したいと考えています。

それでも、異動をさせてくれない会社の対応に納得できないなら、これからのキャリアを考えましょう。

これは、最終手段です。

だって、ムリに同じ会社にいることはありません。

もしかしたら、復職してもまた休職をしてしまうかも。

復職しても異動できないなら、元気に仕事ができる新しい会社を探したほうが安心ですよね?

転職か悩むひとはみんなキャリアカウンセラーに相談してます

休職してからいざ復職。でも、

このまま同じ会社(職場)に復職することがいいのかな?

と悩むこともあります。

相談したいのに、仕事(キャリア)に関する相談する相手はなかなか見つかりません。

ハローワークや転職エージェントは、転職することがゴールです。

でも転職することも大事ですが、あなたのキャリアの意見も聞きくありませんか?

そんなキャリアの相談相手には、『mentors』(メンターズ) です。

休職しているときに、有料でキャリアカウンセリングを受けるのも心配かもしれません。

でも、プロのキャリアカウンセラーが現職(復職)・転職の視点でアドバイスをくれます。

初回限定のお試し価格でキャリアカウンセリングを受けることができます。
キャリアについて悩んでいるなら、一度は利用してみたいサービスですね。

 
あやべさん
もしかしたら、キャリアのヒントが見つかるかも。

適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること:まとめ

適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること:まとめ

このブログのまとめをします。

  • 会社の規約で異動したくてもできない(法律的にOK)
  • 休職まえのメンバーで働いてほしい(復職してもあなたを異動させたくない)
  • 復職後に部署異動ができない時はあきらめる(さっさと転職をする)

\異動ができないなら転職/

ミイダスで転職の準備をする

復職しても異動できないことに、納得できないひとはいます。

ぼくも、納得できませんでした。

だから、転職活動をはじめて転職をしました。結果は、転職してよかったです。

あなたが復職したかったのは、なんでですか?
プライドだけで、復職しようとしてませんか?

休職は、自分の働き方(キャリア)を考え直すチャンスかもしれませんね。

復職することに悩んだら、こちらのブログも読んでみてください。

読まれてる記事

あやべさん 適応障害の調子もよくなってきたみたいだね⁉︎ そうなんです!でも、復職するか悩んでるんです。 みなさん、こんにちは。あやべさん(@ayabesan_desu)です。 あなたは、こんな悩みを持ってませんか? […]

【復職前に絶対読んで!】 適応障害なら転職をするべき3つの理由
適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること
最新情報をチェックしよう!