あやべさんのブログ

仕事・ストレス・こころの病気で悩んでいる方のヒントを紹介してます。

休職中の人必見! ぼくは休職中に転職の準備始めました

この記事をシェアする

2019年8月28日 更新

 

みなさん、こんにちは。

あやべさんのブログをご覧いただき
ありがとうございます。

今回のテーマは休職期間中の転職活動についてです。

休職期間が長びくと職場に戻れるか不安になりますよね?

ぼくもそんな気持ちになり、転職活動をはじめました。

あなたもそんな状況なのかも知れませんね?

こちらのブログでは休職中に実際に行った
転職活動の準備についてご紹介します。

是非参考にしてください。 

 

f:id:masayukismjp:20190225093248j:plain

 

休職中に転職活動をしても問題ない

休職していると

復職をするか、退職して転職するかを悩む方が
多くいると思います。

そこで疑問に思うのが

休職中に転職活動することは問題ではないのか?ということです。

結論を言えば、

休職中の転職活動をしても問題はないです。

なぜかといえば、「休職制度」は復職を前提とした治療期間ではあります。
ですが、必ず復職をするというルールではありません。

「休職制度」は会社が窓口となって保険組合に申請をする制度です。

あなたが仕事できるようになるまで、社会保険の制度として
休んでいます。

だから、休職中の転職活動をすることは問題ないんです

次にぼくが休職中に実際に行ったことをご紹介します。

職場の上司から転職を勧められる

会社の上司と休職について打ち合わせをした日のことです。

上司からこんなことを言われました。

「休職中に他の仕事のことも考えてみたら?仕事は他にもいろいろあるから?」

最初は言っている意味がよくわかりませんでした。

ですが、

会社としては職場復帰の可能性が低いので
転職を勧めたようです。

ぼくの場合

上司は社会人の先輩として仕事内容が合ってないからぼくに転職を勧めた

という解釈になります。

会社公認です(笑) 

今の会社と比較してみる

そうは言ってもチャレンジしたい仕事ではありました。

ですが、復帰しても同じようにストレスから
適応障害・うつ病になる不安もありました。

なので、他の会社と今の会社を比較することをはじめました。

これぐらいの軽い考えで転職活動を始めることがおススメです。

そこで、いくつかの転職サイトに登録して求人を見ること、

MIIDAS(ミイダス)の市場価値診断をやってみました。

求人もたくさんあるので、こんなルールで求人を眺めていました。

今の仕事と同じ職種の求人

今の仕事と同じ年収の求人


その結果、同じ職種・年収・会社の求人はどのサイトも掲載している
ことがわかりました。

ぼくの結論は

同じような仕事はいつも人手が足りないから採用しているのかな?

とにかくその時期は見るだけで転職準備期間としました。

応募書類を作ってみる

 

転職活動の準備として、履歴書・職務経歴書を作ることも
おススメです。

  • 今までどんな仕事を経験してきたか
  • どんな気持ちで取り組んでいたか
  • 何か得意・不得意なことはなかったか

そんなことを思い出して応募書類を作ることは、自分の性格を
改めて知る機会にもなります。

これは、カウンセラーからもおススメされていました。

応募書類の作り方はこちらのブログも参考にしてください。

 

www.ayabesan.com

 

転職エージェントに相談してみる

転職準備をしていたある日以前お世話になった
転職エージェントから連絡がありました。


ぼくが休んでいる状況等を話たところ面談をすることになりました。

休職・体調を理由に転職する人は増えているとのアドバイスをもらいました。

ということは、休職中に転職活動することは問題ないという考えになります。

ですが、転職活動・復職するのも体調を整えてからしましょう。

このころはまだ体調がよくない時でしたので、
考えが先走っていた事に気づきました。

皆さんもアドバイスをもらっても焦らずに
治療に専念しましょう。

そして、体調が戻ったら転職エージェントなどを利用して
転職活動を始めましょう。

ぼくのオススメはWORKPORTです。
未経験の方でも幅広く求人を紹介してくれるので
安心して利用できます。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちらから。
ご興味のある方はご覧ください。

休職中に退職・転職する人の数を調べる

転職エージェントから
「休職中に転職活動をする人は増えている」
ことを聞き、どれくらいの人たちが転職しているのか調べてみました。

就労支援のニューロワークスでは

2014年に独立行政法人労働政策研究・研修機構が、メンタルで休職した社員のうち42%が休職期間中、あるいは復職後に退職に至ると報告しています。
この報告から考えると、おおよそ、休職者のうち約半分の人が現在の職場に留まらないという選択をしているといえるでしょう。

うつ病で休職中|転職も検討する場合はどうするの?|ニューロワークス

と紹介されています。

ということは
休職し復職をしても退職してしまう方が約40%もいるんですね。

ストレスの原因が職場・会社なのであれば
復職してもいずれ退職することは考えられのかも知れません。

おわりに

休職してから最初の1ヶ月は
休む事の罪悪感と早く仕事に戻りたい焦り
仕事に戻れない時の不安でいっぱいでした。

でも順番に取り組めば簡単だとも気づかせてくれました。

同じような方はまず、休む事です。

 

遅くはないです

落ち着いてじっくり過ごしましょう。

長文ご覧いただきありがとうございました。