あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

適応障害で休職中のあなた必見! 断捨離でストレスの原因が見つかる?

この記事をシェアする

ポイント

  • 部屋の汚さ・会社のデスクが汚いときはストレスが溜まってる?
  • ものを整理して、部屋もこころも整理しよう。

2019年12月8日更新

f:id:masayukismjp:20190724151219j:plain

こんにちは。

あやべさんのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 今回のテーマは、適応障害の症状が落ち着いてからやってみたことをご紹介します。

あなたはもう適応障害の症状は落ち着きましたか?

 

 このブログを見ているあなたの気分が落ち着いているなら試してみてください。

まだ気分が良くないならそのうち試してください。

家の中が散らかってると心も散らかる⁈

 適応障害の症状がなくなると、いろいろなことをやりたいと考えるようになります。

 

何かを試しにやってみよう、という考えが休職する前より増えたみたいでした。

 そして、最初に思いついたのが断捨離でした。

なぜなら、休職する前からあった洋服、遊ばないゲーム、読まない雑誌、がたくさんありました。

 もう頭の中が、めちゃくちゃなのを、家の中で表現してるみたいでした。

物を整理することで頭がスッキリ

 早速、整理開始!断捨離スタート!

としたかったのですが、やり方が分かりませんでした。

 なので、近くの書店で見つけた

見てわかる、断捨離 決定版

見てわかる、断捨離 決定版

 

 

やましたひでこオフィシャルブログ「断捨離」Powered by Ameba

 

を読んで、整理を始めることにしました。*こういうところが物を増やす原因かもしれません

 

やってみたいという気持ちが出はじめた!

 本を参考にいるもの・いらないもの、もったいないと思っているなら、捨てるなど、家の不用品を、フリマアプリなどで出品して、お小遣い稼ぎもしてみました。

 

 すると、なんとなくですが自分の気持ちがはっきりしてきて気分も・考えもすっきりしてくるのを感じできました。

 TVなどで、ものを捨てるとスッキリするというのは、ストレス発散なんだと感じました。

 

ストレスの原因を見つける

 断捨離を続けると、自分が勤めてきた会社の給料明細を、見つけました。

そこには、転職した4社分の給与明細書が、ファイルに綺麗に入ってました。

 

そういえば、自分の父も同じようなことを、していたのを思い出しました。

 多分、心のそこで給与明細を整理するのが当たり前、だと思っていたようです。

明細書を見ていると残そうか、捨ててしまおうか、そんなことを考えました。

 

 そして、給与明細を見て、今まで稼いできたお金がこれぐらいなんだとも思っちゃいました。。

 

でも、お金を稼ぐことにこだわり過ぎて、自分が体を壊すような仕事についたと考えてしまうと、給与明細書を見ていて嫌な気分になりました。

 

ぼくのストレスの原因は、お金を稼がなきゃいけないという使命感だと改めてかんじました。

 後日カウンセラーに伝える断捨離エピソードを伝えました。

 

 そして、断捨離のこと給与明細を見たときの自分の気持ちを伝えました。

 

カウンセラーはぼくに

あやべさんはこうしなきゃいけない、という考えが強いんだと思います。

もっと好きな考えで、行動をすればいいと思いますよ

と教えてくれました。

 断捨離をきっかけに、ぼくは新しい考え方ができるようになったようです。。

さいごに

 あなたの適応障害の症状は落ち着きましたか?

もし落ち着いている、復職する日が近づいているなら、ちょっと気分を変えるのに部屋の整理がいいかもしれませんよ。

 

 休職中は部屋を掃除することも嫌でした。

 

 それに、なぜか必要のない物を買うこともしてました。

知らない間に物を買う行為がストレス発散のようでした。

でも実際は、自分のストレスをごまかしていたようでした。

ぼくは偶然、部屋の掃除=断捨離をして自分のストレスに気づくきっかけとなりました。

 

さいごのまとめ

 あなたの職場にあるデスクは、綺麗でしたか?

書類や使わない名詞などで、荒れていませんか?

休職する前にデスクが汚かったのでしたら、恐らく考えや・気持ちも散らかっていたに違いありません。

 まずは自分の身の回りから、整理できるように体調・気分を、整えることが大事です。

 カウンセラーについてのブログはこちらで紹介してます。

よかったら見てください。

 

www.ayabesan.com

 

あなたの症状が一日でも早く収まるのをお祈りしています。

そして、あなたが仕事に復帰できるのを応援しています。

 

ご覧頂きありがとうございます。