あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

治療期間別! 適応障害の症状についてまとめてみました

この記事をシェアする

2019年9月30日更新

f:id:masayukismjp:20190710001619j:plain

あやべさんのブログをご覧いただきありがとうございます。

このブログを読んでいるあなたは、
きっと下に書いたような方ではないでしょうか?

  • 適応障害で休職中のあなた
  • 知り合いに適応障害でお休みをしている方
  • 最近気分が調子が悪いあなた

先にお伝えしたいことがあります。

それは、
適応障害は人によって治る期間はバラバラです

なので、
治療期間のことは参考にするだけでいいです

心の病気は人によって良くなる速さは違いますから、
治る期間はバラバラで当たり前なんです。

ぜひ、リラックスして読んでみてください。

「はじめに」 

ぼく・あやべさんは適応障害で9ヶ月休職をしました。

実際には治療から回復までが約3ヶ月ほどでした。 

どんなことをして過ごしたか、どんな治療をしたか
あなたの症状・回復の目安にしてもらえると嬉しいです。

「適応障害の1ヶ月目の治療は休むこと」

適応障害になって1ヶ月目の症状は

  • 睡眠
  • ぼーっとする

しかできませんでした。

通院するのに外出するのも面倒に感じてしまうぐらいだったんです。

普段の生活でも家に引きこもったり、
寝ている時間はたくさんありました。

子供たちはそんな姿を見て

「パパのお休みながいね〜」

なんて言われることもありました。

子供たちでもぼくの気分が暗いのは感じていたようです。

こちらのブログで症状をご紹介してます。

www.ayabesan.com 

「適応障害の2ヶ月目の治療はキモチに慣れること」

2ヶ月目になると

  • 気分がイイ時と悪い時がある
  • 散歩をしたいと思うようになる

こんな症状になってきます。

適応障害も少し回復したように見えますが、たまに気分が落ち込むのが辛いです。

こちらのブログで2ヶ月目の症状をまとめてます。

 

www.ayabesan.com

もし仕事・職場が原因で適応障害になったのなら、転職も考えてみませんか?

 

ぼくは自分の市場価値の算出、面接できそうな会社をおしえてくれる
MIIDAS(ミイダス)で転職活動をしてみました。

スマホで登録出来るので、気が向いた時にカンタンにできました。

休職中の方にオススメです。

「適応障害の3ヶ月目の治療は自分と向き合うこと」

適応障害3ヶ月目の症状は

  • 運動ができるようになる
  • 何かをしたいと思うようになる

やっと、この時期に普段の生活と変わらない症状になります。

回復し、お医者さんからも復職可能の診断書をもらうことが
できるぐらいです。

症状をまとめたブログはこちらです。

 

www.ayabesan.com

適性検査LP

「おわりに」

いかがでしたか?

あなたとぼくの治療期間はどれくらい違っていましたか?

はじめにお話したように、
適応障害は人によって治る期間はバラバラです

治療期間に正解はありません。

あなたのペースでじっくり治してください。

ぼくは適応障害の治療に3ヶ月間掛かりました。

一般的な治療として処方された薬を飲むカウンセリングになります。

ですが、お医者さんとの話し合いでカウンセリングだけで治療を続けました。

その結果3ヶ月間掛かったのかもしれません。

ですが、休職は復職可能となったら復職できるわけではありません。

  • リワークをする
  • 職場との復職前の打ち合わせ

復職するまでにはやらなくてはいけないことがたくさんあることを忘れないでください。

今回はあくまでも適応障害を回復させるまでをご紹介しています。

復職について気になる方はそちらのブログもご覧ください。

 

www.ayabesan.com

 

ブログを気に入ってくださいましたら、ツイッターやブックマーク登録よろしくお願いします。

長文ご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

適性検査LP