適応障害を克服して転職した、あやべさんのブログ

適応障害を克服して、転職、治療方法、の経験について紹介しています。

【こんな人は注意して!】適応障害になりかかっているときの、3つのサイン

ポイント

  • 適応障害には、サインがある
  • 運動と質の良い睡眠をとって、リフレッシュ

2020年3月24日更新

f:id:masayukismjp:20191119233948j:plain

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)です。

なんか、最近調子がよくないなぁ

なんて、感じることありますよね?こころの病気、適応障害にも前ぶれがあるんですよ。

そんな、こころの病気のサインに気づいてもらえる、ブログの内容になっています。

あなたは、だいじょうぶですか?

『ストレスに気付かなかった?』

ストレスに気付かなかった?

皆さんは、ムリってしますよね?

ぼくは、仕事でストレスがたまり、適応障害になってしまいました。

ある意味、ムリをして仕事をしていました。そして、9ヶ月間休職をすることになったんです。

そんなぼくは、体調を崩す直前にこんな口ぐせがあったようなんです。

  • なんか、疲れた
  • なんか、面倒くさい
  • もう、休みが終わっちゃう
  • そんなこと、言ったっけ?

と、休みの朝からこんなことを、家族に言っていたようなんです。

少し前のぼくなら、そんなことはあんまり言いませんでした。

でも、奥さんはぼくのそんな行動が変だなと少しずつ感じていたようです。そんな、口ぐせを言っていたぼくは全然、気づいてませんでした。

この口ぐせが、ぼくにとっての適応障害の前ぶれだったんです。

『3つの症状は、適応障害のサイン』

休職する直前に言っていた口ぐせは、適応障害の前ぶれそのものでした。

こちらのブログで、適応障害についてご紹介しているので、一緒にみてください。

www.ayabesan.com

このブログでも紹介しているのですが、適応障害の特徴と当たっているのです。

それは、

  1. いつも、やる気がない
  2. 結構、忘れっぽい
  3. なんでもないのに、焦る

だから、適応障害の症状3つが出てくると、それは前ぶれなんです。

『適応障害のサインを、少なくした2つのリフレッシュ』

適応障害のサインを、少なくした2つのリフレッシュ

そんな前ぶれは、もちろん休職をしている間もやっていました。

適応障害の症状は、毎日のように続いているのでした。

適応障害は、ストレスから起きるこころの病気です。いわゆる、メンタルをやんでる状態です。

だから、ストレスを少しでも無くすために、2つのことをやってみました。

それが、

  1. 散歩でもいいから、運動をする
  2. 出来るだけ、質の良い睡眠を取るようにする

これを、2ヶ月続けるだけで、適応障害の症状はだいぶなくなりました。

とくに、睡眠はオススメのサプリメントのおかげで、かなり質の良い睡眠を取ることができました。

その時は、あまり高いサプリメントは買えなかったので、お試しもあって結構助かりましたw

ぼくが適応障害になって、そのサプリメントを使った2ヶ月目のブログがこちらです。

www.ayabesan.com

「それでも良くならなかったら」

もし、調子がよくないと思っているのに、ほったらかしにしてるなら、

病院に行きましょう。

最初は心療内科?メンタルクリニック?と悩んでしまうと思います。

そんな時は、悩まず近くの病院でいいです

風邪の症状に似ているなら、内科でまずは見てもらって大丈夫です。

内科でわからなければ、心療内科・メンタルクリニックを勧めてくれることもあります。

『【こんな人は注意して!】適応障害になりかかっているときの、3つのサイン:まとめ』

【こんな人は注意して!】適応障害になりかかっているときの、3つのサイン:まとめ

最近みなさんはストレス溜めてませんか?

ストレスをためることで、体にいろんな悪影響が出ます。それが、こころの病・メンタルをやんでしまう原因になってしまいます。

ストレスをためる前に、適度に運動で発散したり、気持ちよく眠れるようにすることが大事ですよね。

みなさんの病気が、1日でも早く治ることをお祈りしています。

長文読んでくれて、ありがとうございました。