あやべさんのブログ

仕事・ストレス・こころの病気で悩んでいる方のヒントを紹介してます。

あなたに知って欲しい。 適応障害になって2か月目の症状・治療法

この記事をシェアする

みなさん、こんにちは。
3児のパパ、あやべさんです。

今回のテーマは
適応障害になって2か月目の
症状と治療方法です。

適応障害の治療期間は、
短い人・長い人と様々です。

ぼくの症状と治療方法を
参考にしてもらえると嬉しいです。

 

f:id:masayukismjp:20190509230642j:plain

 

0:はじめに

適応障害と診断され
会社を休職してから2か月になる頃には、
休むことに慣れてきました。

同時に色々な考えや
考えが余計体調・気分を悪くする
原因になってもいました。

1か月目と同じように
症状と治療方法をご紹介致します。

1か月目の症状は
こちらのブログを見てください。

 

www.ayabesan.com

 

1:適応障害2か月目の症状は?

適応障害になり2か月経過しましたが、

気分が落ち着かない

不安になることはまだまだありました。

・会社の事を思い出すと動悸が起きる

1か月目と同じように、
相変わらず会社の事を思い出すと
気分が悪くなりました。

また、その頃から
産業医との連絡もイヤに感じることが
起きてきました。

適応障害の原因は、
会社そのものと気づく
きっかけにもなりました。

・急に不安・落ち込むことがある

会社からの電話をもらうと

職場に戻らなければいけない

怒られたりするんではないか

家族を養っていけるのか

なんていう事を考えてしまいます。

そうなると急に不安になり
落ち込むことが増えてきました。

「さっきまで、笑ってたのにどうしたの?」

なんて言われることもありました。

・不眠症になる

夜中に不安・落ち込みが起きると
眠れなくなったり、何度も起きたりしてました。

比較的、
ぐっすり眠れたり、早く起きたり
できる体質なのですが、
すっかり変わってしまいました。

眠れなくなると、
体調も崩すことも増えました

 

2:適応障害2か月目の治療とは

2か月目の治療方法は
1か月目とほぼ同じです(笑)

でも、気分が回復してくるので、
治す事に前向きになります。

・カウンセラーからの宿題をやってみる

2週間に1度通院とカウンセリングを受けていました。

でもこの時期は

自分がどんなことにストレスを感じるか

自分の性格を振り返る

そんな事をカウンセラーから
宿題として出されていました。

そして、主治医からは
気分を上げる薬と不眠症を良くする
睡眠導入剤を処方されました。

・睡眠導入剤とサプリを飲んでみる

医師から処方された睡眠導入剤は
ぼくにとって効き目が強いものでした。

薬を飲むと頭が痛くなったり、
睡眠時間が長くなって
体調を崩すこともありました。

そんな時
奥さんが見つけてくれた
サプリを試してみたんです。

それが、ぼくには
ちょうどいい効き目でした。

もちろん薬ではないので、
効果がある時とない時があるので、
医師に相談した上で
服用してみました。

こちらのサプリを服用したので、
興味のある方はぜひ見てみてください。

おやすみなさい、その前に。「良眠生活」で快眠習慣!

・たまに散歩をしてみる

気分がいい時が増えてきたので、
散歩をするようにしました。

家の周りや、近所のコンビニなど
本当に外の空気を吸いに
散歩をしてみるという感じです。

気分が変わりやかったので、
無理しない程度に近い距離を
散歩するのがいいと思います。

 

3:おわりに

適応障害になって2か月になると
少しずつ回復します。
それでも悪くなったりすることもあります。

そしてカウンセリングでは治す為に
自分の事に向き合っていきます。

適応障害自分の性格と環境が
合わなくて、ストレスを溜めた心労です

職場、仕事に復職するのに
無理をする必要はありません。

あなたの所属している会社は
世の中に1つだけのものではありません。

場所を変えたり、転職をするのも方法です。

1人で出来ないことは
休職した人、適応障害やうつ病で
仕事先を変えなくてはいけない人の
サポートができる、就労支援に相談しましょう。

必ずアドバイスが貰えます。

ブログでもご紹介してます。

 

www.ayabesan.com

みなさんの適応障害
1日でも早く治るのをお祈りしてます。

無理せずゆっくり治しましょう。

読んでいただいてありがとうございます。