あやべさんのブログ

4回の転職、適応障害で休職中に転職を成功させた3児のパパ、あやべさんのブログです。

休職中のお給料の代わり⁈ 傷病手当金について

この記事をシェアする

2019年10月29日更新 

休職中の制度、傷病手当金について

 

みなさん、こんにちは。

あやべさん(@ayabesan_desu)のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回のテーマは傷病手当金についてご紹介します。

 

休職していると、生活費、通院費、保険料などいろいろな事にお金が必要になりますよね?

そんな時に助かるのが傷病手当金です。

 

 これから休職することになったあなた、申請の仕方がわからないあなたに、手続きのやり方や注意点をご紹介します。

ぼくの実体験なので安心してご覧ください。

「傷病手当金とは?」

 はじめにお伝えしますと、休職中のお給料は傷病手当金という名前で支給されます。

 ですが、あなたが働いている会社が加入している健康保険組合から支給されますので、お給料とは少し意味が違ってきます

 

 それではどのような手順で支給されるか簡単にご紹介します。

 

手順は

  1. かかりつけの病院で診断書をもらう
  2. 会社(健康保険組合)の指定の書類に通院履歴等を病院で書いてもらう
  3. 会社指定の書類を作成し、会社へ提出する

以上が簡単な手順です。どうですか?簡単ですよね??

 

 でも、この手順は毎月しないといけません

毎月ならかんたんだね、と思ったあなたは注意しましょう。なぜかというと、うつ病・適応障害・怪我等で通院中にこの書類を用意しなければ行けないので、大変かもしれません。

普段かんたんに出来てることは、うつ病・適応障害・怪我等の時にはかんたんには出来ません。

 

 もう一つ注意は、お勤め先によっては手順が違う場合がありますので、気をつけましょう。

www.kyoukaikenpo.or.jp

「傷病手当金の申請書類について」

 それでは、傷病手当金を受け取るのひ必要な書類についてご紹介しましょう。

申請する書類は3種類必要となります。

診断書

かかりつけの病院で発行してもらいます。1ヶ月毎に症状を診て発行してもらいます。
 
長期間の診断書も書いてくれますが、会社が1ヶ月単位での休職の診断書を求める場合が多いです。

傷病手当金申請書類

 会社・健康保険組合が指定する書類です。
 
 皆さんが記入する(氏名、住所、休んだ期間、振込先口座等)と、


 病院側が記入する(病院名、症状、通院日、病院の印鑑等)があります。

 
 書いてもらうのに料金が発生する病院もありますので注意しましょう。
 

www.kyoukaikenpo.or.jp

会社指定休職中の報告書

 休職中はもちろん休む事が大事ですが、何をして休んだのかを会社は報告書を通して把握します。

 ぼくの会社では「通院回数食欲の有無睡眠時間運動の有無」等簡単な内容です。

 お勤め先によっては無いかもしれませんので、事前に確認しましょう。

 

「傷病手当金をもらう上での注意点」

 

 

 傷病手当金は手続きをすればいつもの給料と同じように振り込まれます。

しかし、注意点がいくつかあります

  1. 会社・病院が指定する回数の通院をしなければならない
  2. 書類は毎月1回は提出しなければならない
  3. 病院が作成する書類(診断書、会社指定の書類への記入)は毎回費用が発生する
  4. 振込まれる手当金は健康保険・厚生年金住民税の控除がされていないので後から支払う必要がある。
  5. 標準報酬月額約7割程度の支給額になる



以上が手当金をもらう上で注意する点になると思います。

 

「休職中にかかる通院費・税金はいくら?」

 ぼくは休職しだしてからは月に2回(2週間に1回)先生の診断とカウンセリングに通院していました。

1回の通院約5,000円ぐらい、お薬約2,000円でした。

月に1回書類関係は診断書と書類の記入約4,000円ぐらいでした。

なので、1ヶ月約20,000円程通院費として発生しました。

 手当金の支給額は、標準報酬月額が30万円だったのでその7割程度支給されていました。

さらに健康保険料厚生年金住民税で、毎月6万円ぐらい支払いしてました。
そうなるとあまり手元には残りませんでした(笑)

 ですが、お金(生活費)よりも治す事が大事でしたので、あまり気にしないようにしてました。

 他にも休職中のお金にまつわるブログをご紹介してます。よかったらそちらもご覧ください。

 

www.ayabesan.com

 

おわりに 

 うつ病・適応障害の方にとって、傷病手当金は大事な収入・保障というのがわかりましたか?

手続きはかんたんですが、あなたの病状によっては手続きそのものが大変になることもあります。

体調・気分に気をつけ、無理せず準備しましょう。

 今休職中のあなたも、悩んでいるあなたもぼくのブログでイメージが湧いてくれたら嬉しいです。


もし、休職中の悩み事、転職、就職などお困りの方はココでのご相談をオススメします。 うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

ぼくは、適応障害で通院中、アドバイスをもらってすごく安心しました。 

長文ご覧頂いてありがとうございました。