休職中に転職できた、あやべさんのブログ

仕事・ストレス・こころの病気で悩んでいる方のヒントを紹介してます。

休職のはなし〜適応障害の治療法は散歩がイイ!〜

この記事をシェアする

  みなさん、こんにちは。
3児のパパ、あやべさんです。

ブログを読んでくれて
ありがとうございます。

今回のテーマは
休職期間中に行った治療法、
散歩についてお話しします。

 

f:id:masayukismjp:20190120094443j:plain

『治療法は近所を散歩する』

気分もだいぶ軽くなり自分で
出かけたいなと思い始めてきた頃。 

何かちょうどいい出掛け先は
無いかと考えていました。

ただあまり遠くに行きたい
気分ではありません。

そこで近所の図書館を思いつきました。

図書館なら座るところもあるし、
気が向けば勉強できると思い
散歩するつもりで出かけました。

ぼくの近所にデザインがステキな
建物の図書館があるんです。

雰囲気を変えるのにはちょうどよく、
ストレスも忘れさせてくれそうです。

www.library.city.kita.tokyo.jp

歩いたら片道15分ぐらいの所なんで
散歩にもちょうどいい距離です。

休職の間は時間もたっぷりあるので、
そんなのもちょうどいい理由でした。

『ただ散歩するだけでイイ?』

ぼくは普段から本を読む訳では無いので
特に気になる本がある訳ではありません。

なので、最初は散歩の為に来ていると
思って図書館の中を散歩しました。

そこで色んなタイトルの背表紙が
あることに気づきました。

なんとなく眺めてはいるんですけど、
たまに気になるタイトルがあるんですよね。

そんな時は手に取りパラパラ読んで見ます。

その時の僕にとって必要な事かな?
とか考えて見る感じでした。

がその当時は気になることでした。
休職・適応障害・発達障害・ストレス

f:id:masayukismjp:20190120095151j:plain


それでも結局借りたりしないですけど、
そんな時はノートや携帯にメモして忘れないようにしました

『無理はしない』

何度か図書館に散歩をしに行ったある日、
読みたいなと思う本に気づきます。

そんな時は今までの読みたいリストから
借りてみることにしました。

でも借りてもなかなか読みきれません。
何となく気分が安定しないので、
読む気分ではない日もありました。

カウンセラーさんにも言われた

なにごとも無理しない

という言葉を思い出しました。

返却日までに読みきれなくてもいい

無理しなくてもいい

なんて思いで
散歩も読書も続けて見ました

そんな散歩がキッカケで
色んな事をしたいと思い始めるのでした。

カウンセラーさんとのやり取りは
こちらのブログでご紹介してます。

  

www.ayabesan.com

 

 『おわりに』

適応障害やうつ病の病気は
あなたの気分が良くないことで
起きた病気です。

散歩は何も考えなくてイイんです。

だから気分が悪い時があっても
無理にはならない治療方法です。

適度な運動と睡眠が
適応障害やうつ病を治す
方法なのは間違いありません。

もし気分が不安定で
なかなか眠れないことがあったら
サプリメントなどを飲んで
睡眠を取ることも大事です。

おやすみなさい、その前に。「良眠生活」で快眠習慣!

 

ぼくはこのサプリメント
睡眠が安定したのでオススメです。

 

良眠生活

 

興味のある方は
ぜひご覧ください。

みなさんの病気が1日でもはやく
回復することをお祈りしています。

長文読んで下さってありがとうございました。