あやべさんのブログ

仕事・ストレス・こころの病気で悩んでいる方のヒントを紹介してます。

休職・転職の相談が出来る⁈ 就労支援サービス LITALICOワークス

この記事をシェアする

みなさん、こんにちは。
3児のパパ、あやべさんです。

今回はぼくが休職中に相談してた
LITALICOワークスがテーマです。

休職者・障害者の方を
就職・仕事が定着出来るよう
サポートしてくれる団体です。

休職中で仕事を探している方、
精神障害・発達障害で仕事が
できない方に見て欲しいブログです。

[:contents] 

『はじめに』

体調・気分も回復した4ヶ月頃です。

会社から復職をするにはリワークが
必要とされていました。

その頃から適応障害を克服したり
発達障害のままでも仕事が出来るのか
不安でした。

もしくは復職できないで、
ぼくの症状を認めてくれる転職先を
探そうかとも考えていました。

そんな時に知ったのが
就労支援をしている
LITALICOワークスです。

f:id:masayukismjp:20190713095924p:plain

LITALICOワークス

でもその前に
障害者就労支援という制度は
何でしょうか?

『就労支援とは?』

厚生労働省が支援している制度で、
精神障害(うつ病等)発達障害(ADHD等)を持った方が
一般企業で働けるように
仕事先の
紹介、就職についてのノウハウを教えてくれます。

就労支援は内容によって

就労移行支援制度(学習支援)

一般企業に務めるために就職に必要な
スキル・知識を習得するサポートサービス

就労継続制度(転職・就職支援)

一般企業に務めるのを目標に働く機会を
提供するサービス

とされています。

詳しい制度は厚生労働省の
こちらのサイトからご覧ください。

『復職出来るかの不安』

自分の思考・行動が
適応障害発達障害ADHD)で起きていたか
自分の成長を振り返りながら
カウンセリングを受けていました。

そんな時、会社からは復職には
リワークが必要と聞いていました。

それと自分の思考や行動の特徴を
踏まえて仕事が出来るか不安でした。

休んでから家族・お医者さん・友人
以外の人と話す機会がなく
軽い気持ちで相談予約をしました。

相談は電話・webから
することが出来ます。

気になる方は資料請求だけでも
してみてください。

『LITALICOワークス大塚を施設見学してみた』

後日施設見学と相談会に参加しました。

会場は都内の大塚駅に近いところ
大塚センターで行いました。

施設見学・利用相談の時間は
1時間ほどでした。

ぼくが特に利用してみたいなと思ったのが、

復職支援サービス・トレーニングプログラム

その2つのサービスです。

f:id:masayukismjp:20190713100708p:plain

面談は
LITALICOワークスの担当者さんとぼくで
個別面談形式です。

部屋も個室でしたので、
安心してお話しすることが出来ました。

『LITALICOワークスの面談の内容は?』

まず、アンケート票の記入から

個人情報(名前・住所・最寄駅等)

病状

通院について(かかりつけの病院・通院頻度)

障害者手帳の有無

障害に気付いたきっかけ

等々を書きました。

アンケートを元に面談がスタート。

アンケートに書けなかったことを
担当者さんと確認し合う
のんびりしたおしゃべりのような
時間でした。

『LITALICOワークスの面談を受けてみて』

実際にぼくが利用したかった

復職支援サービス

トレーニングプログラムサービス

障害者手帳所持や掛かりつけのお医者さんからの
利用許可が必要みたいです。

最後にぼくがまだ発達障害(ADHD)か
定まっていない段階なので
本格的なサービス利用は見送りました。

でもその提案をしてもらえたことは
すごく嬉しかったです。

その後もLITALICOワークスから
定期的に電話やメールで確認の
連絡をもらいました。

初回の相談でしたけど、
親切なサービスだなと感じました。

f:id:masayukismjp:20190512072233j:plain

『おわりに』

いかがでしたか?

休職期間が長い・なかなか仕事探しが進まない方
ぜひ1度相談会に行ってみてはどうでしょうか?

普段話さない人と話すだけで疲れたりします。

でも、仕事をする上での練習にもなる
いい機会だと思います。

全国でもいろいろな就労支援機関があります。

こちらの就労支援機関もご覧下さい。

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

発達障害の方の「自分らしく働く」を徹底サポート【リンクビー】

皆さんの治療が1日でも早く
良くなることをお祈りしてます。


長文ご覧いただきありがとうございました。