【なんで隠すの?】「休職理由を理解される」面接での伝えかた

転職サイトはdoda

このブログで分かること

  • 休職を隠したら、ヤバイ?
  • 適応障害で休職しても、転職はできるの?
  • 休職について質問された時の、面接の答え方は?
面接で休職してたことを質問されたら、”どう”話していいか悩んでて、、
あやべさん
休職って、あんまりイメージ良くないからね

みなさん、こんにちは。あやべさんです。

病気やケガで仕事を休職して、転職する。
そんなエピソードを面接で話すか迷いませんか?

ぼくも休職中に、転職活動をしていたひとりです。
メンタルの病気が理由での休職は、転職しにくいウワサは聞いてました。

でもある伝え方をしたら、休職しても内定が出たんです!

この記事は、休職していることを面接で理解される、伝え方・考え方を解説します。

「休職」は転職理由です

「休職」は転職理由です

はじめにおしえます。

「休職」は転職理由です!

だから休職することは、悪いことじゃないんですよ。

あなたの周りに、休職を理解してもらえますか?

風邪を引いたから、会社を休むのと同じ気持ちでいきましょう。

休職=ストレスに弱いひと?

世間では休職することは、”いい”イメージではないです。

休職をしている人=ストレスに弱いひと

そんな考えを持つひともいます。

でも、ひとによってストレスの感じ方はさまざまです。

ストレスで休職してるのは、あなただけじゃない

安心してください。
ストレスで休職者が増えているニュースを、人事担当者は知っています。

転職アプリのミイダスも、休職を転職理由にして登録できます。

だから休職を転職活動の理由にしましょう

休職のことを伝えるには、ことばを変える

休職のことを伝えるには、ことばを変える

友達と話をしてて、ハッキリしない内容だと伝わらないですよね?
それと同じ考えで、面接もハッキリ伝えましょう。

休職していたことを伝えることは、あなたの体調を伝えるって意味です。

カラダを壊したから、休職したんですよ

思い出してください、あなたはカラダにムリをさせて休職したんです。

適応障害、うつ病なら、メンタルが病むまで。
ケガをしたのなら、それだけハードな仕事だった。

だから、カンタンです。

面接官がビックリしないように、ことばを変えて休職を伝えましょう。

では「休職」をどんなことばに変えて、面接の時に伝えたらイイのか?

そこで、ぼくが面接の時に話した伝え方は
仕事でカラダを壊し、お休みを頂いています。

この伝え方について、解説しますね。

休職はイメージがよくない

ホントにそんな伝え方で、大丈夫なの?

いくら、伝え方が分かっても、考え方を理解してないとダメなんです。

ぼくが「カラダを壊した」を使って、休職を伝えたのはこんな理由でした。

  • やっぱり、「休職」は相手にマイナス印象
  • 「お休み中」でも活動してると、相手に思わせる
  • 「カラダを壊した」だと、面接官とじっくりと話ができる

ストレートに「休職していた」と伝えることは大事です。
でも、面接官とじっくり面接する工夫が必要なんです。

時間をかけて面接官と話せば、理解してくれるかも!

人事に理解される休職・転職理由3つの伝え方

人事に理解される休職・転職理由3つの伝え方

つぎに、人事に理解される休職・転職理由の伝え方を3つご紹介します。

  1. 業務が多くなり精神的・肉体的に不調となった。
  2. 異動などを求めたが認められず、やむなく転職
  3. 自分・家族のために両立した生き方をしたい。

業務が多くなり精神的・肉体的に不調となった

面接では、あなたのお仕事の内容を紹介します。
そして、どうして不調になったのかを説明しましょう。

でも、忙しくて毎日残業続きでは理解してくれません。

仕事のやり方を工夫した」、「職場に相談をしても改善されなかった

そんな理由なら、体調を壊しても理解してくれるでしょう。

異動を求めたが認められず、やむなく転職

復職の相談を会社としている場合の、転職理由になります。

復職するなら仕事量を減らす、人事異動を考え職場復帰をします。
会社のルールの中には、休職する前の業務に復帰させるなんて会社もあります。

でも、体調は回復したのに、異動を求めたり・業務量を減らすなどを検討してもらえなかった。

それなら、転職をするしかない状況だというのを理解してもらえるでしょう。

あわせて読む記事

このブログで分かること 適応障害から復職しても異動できない理由 異動ができない時にすること 復職したあなたを異動させたくない会社の考え転職アプリ ミイダスの公式ページはこちら(無料)[…]

適応障害で復職したのに、“異動できない”時にすること

自分・家族のために両立した生き方をしたい。

奥さん・旦那さん・お子さんがいる方は、休職中話し合うことも多いでしょう。

自分の性格・考え方と働き方を見直す機会が、休職だと思います。

会社・人事担当は、休職しているあなたが、長く働ける会社・職場として応募してくれた、と理解をしてくれるはずです。

あなたに合った理由を1つ言うだけで人事には伝わります。

もし休職理由を理解されたとしても、あなたのいまの体調のことを人事担当者は気にします。

そんなときは、どうしたらいいのか?

「休職して治ったか」面接で質問されたときの答えかた

「休職して治ったか」面接で質問されたときの答えかた

休職中に転職活動をしている人は、面接で治ったかゼッタイ質問されますよ。

だから、自分の体調を伝え、相手に迷惑をかけないことをアピールしましょう。

もし転職活動の選考が進み、内定が出ても体調が万全でないと、仕事を続けることはできません。

万が一ウソをついていたら、新しい会社にも迷惑が掛かります。

休職中なのであれば、通院回数、服用している薬、持病などは事前に伝えましょう。

もう一度、言いますね

体調が万全でないときの面接は絶対にやめましょう

休職してたなら転職理由は、エージェントに相談して作る

休職してたなら転職理由は、エージェントに相談して作る

あなたが休職・転職理由、志望動機をまとめるのが得意だとします。
それでも、だれかに相談しましょう。

おすすめは転職エージェントハローワークです。

休職中に転職するひとへの応募書類の書き方を、おしえてもらうことが出来ます。

まずは、無料登録しておいて損はないとおもいます。

休職中の人にオススメ転職エージェントをまとめました

転職エージェント・サービスをさがす

【まとめ】面接でことばを変えて伝えれば内定は出ます

【まとめ】面接でことばを変えて伝えれば内定は出ます

この記事のポイントをまとめると、こんな感じです。

  1. 休職」は転職理由である
  2. ことばを変えて」休職していたことを伝える
  3. 休職をした理由は「ネガティブ」にしない
  4. いまの体調のことは「ぜったい」聞かれる
これなら、休職してても理解してくれそうですね

休職中に転職活動を考えることは、だれでもあります。

でも復職することに悩んで、ちがう会社に転職すること悪くありません。

転職活動をして新しい環境で働くそんな考え方もアリですよ。

あなたにとって幸せな生き方が出来ることを願っています。

長文ご覧いただきありがとうございます。

関連記事

こんにちは、あやべさんです。ぼくは2018年の2月に適応障害になりました。その後9ヶ月休職をしながら転職活動をして、内定をもらい転職しました。適応障害の人が転職するのに人気なのが、転職エージェント。でも、あなたは適応障害の人[…]

【なんで隠すの?】「休職理由を理解される」面接での伝えかた
最新情報をチェックしよう!