適応障害で休職中のひとがボーナスをもらうために知る3つのポイント



休職しても、ボーナスもらえるかな?
あやべさん
気になるよね?ぼくも当時スゴク気になってたんだw

こんにちは、あやべさんです。

ボーナスって、うれしいですよね⁈

でも休職しているひとは、こんなこと思ってませんか?

  • 休職中に、ボーナスはもらえる?
  • ボーナスをもらう、条件はある?
  • ボーナスは満額出るの?

このブログでは、休職中にボーナスをもらうためのポイントを3つご紹介します

あやべさん

あやべさんは、こんなひと

  • 適応障害で、300日休職しました。
  • 休職中に夏のボーナスがもらえるか不安でした
  • 新しい会社では、夏・冬ボーナス減額です

休職中にボーナスはもらえます!

休職中にボーナスはもらえます!

適応障害・うつ病・大きなケガで会社を休職することは、だれにでもあります。

休職は、あなたが働いている会社の社員として、仕事をするために休むことです。

休職していてもボーナス・賞与をもらえます

ではなんで休職していても、ボーナスがもらえるのでしょうか?

休職していても、ボーナスがもらえるワケ

休職していても、ボーナスがもらえるワケ

休職していてもボーナスがもらえるのは、労働基準法で決まっているんです

Wikipediaを見てみると、下の説明が書いていました。

賞与は支給日在籍者のみに支給する旨の定めについて、「当該支給日に在籍している者に対してのみ賞与が支給されるという慣行が存在し、就業規則の改訂はその慣行を就業規則に明文化したにとどまるものであって、当該支給日前に退職した者への不支給について、その内容において合理性を有するものであり、賞与について受給権を有しない」とし、支給日前に退職した者に賞与を支給しなかった就業規則の規定を有効とした(大和銀行事件、最判昭和57年10月7日)。任意退職者は退職日を任意に設定できるためである。

ということは、労働基準法で休職中であっても普通の社員と変わらない権利が保護されているのです

カンタンに言うと、ボーナス対象期間に仕事をしていれば、ボーナスはもらえるということです

ボーナスがもらえないとあきらめる前に、あなたの会社の規約をチェックしましょう。

あわせて読みたい記事

あやべさん適応障害の調子もよくなってきたみたいだね⁉︎そうなんです!でも、復職するか悩んでるんです。みなさん、こんにちは。あやべさん(@ayabesan_desu)です。あなたは、[…]

【復職前に絶対読んで!】 適応障害なら転職をするべき3つの理由

休職中にボーナスをもらうのに知るべき3つのポイント

休職中にボーナスをもらうのに知るべき3つのポイント

ボーナスがもらえることは、わかってきましたね?

そこで、休職中にボーナスをもらうためのポイントが、3つあります。

  • 休職期間
  • ボーナスの金額
  • 税金は取られるの?

休職期間とボーナスの関係

まずは休職期間とボーナスの関係について考えましょう。

例えば、1月から6月まで働いた分が、冬のボーナス。7月から12月まで働いた分が、夏のボーナスだとします。
1月から3月まで休職し、4月から6月まで仕事をすれば、仕事した期間のボーナスがもらえます

ただ、会社の規約(ルール)がありますので注意は必要です。

休職期間のボーナスの金額は?

ボーナスの金額に関しても、休職期間と同じ考えです。

仕事をしていた期間の分だけ、ボーナスがもらえます

ボーナスの査定期間に、3ヶ月の休職期間。3ヶ月の仕事をしていれば、50%のボーナスの金額がもらえます。

休職中にボーナスは、税金は引かれる?

休職中に、ボーナスから税金は引かれません。住んでいる自治体から請求されます。
ボーナスから天引きされるのは、休職をしていない時だけです。
だから、ボーナスの使い過ぎには気を付けましょう。
あやべさん
ここまでが、休職中にボーナスをもらう前に知っておくべきポイントです。
関連記事

はてなさん休職して、傷病手当金をもらいたいんだけど、なにが必要なのかな?あやべさん傷病手当金はもらえる条件もあるから、整理してみようみなさん、こんにちは。あやべさんです。今回のテーマは休職中にもらいたい、傷病[…]

【適応障害でもOK】3ステップで休職中の傷病手当金をもらう方法



休職中にボーナスをもらえると、期待しすぎない

休職中にボーナスをもらえると、期待しすぎない

これで、休職しててもボーナスはもらえそう!

休職しているひとは、先走ってもらえるつもりじゃないですか?

休職中にボーナスをもらえると、期待しすぎないでください

もし、ボーナスがでなかったら、あなたはもっと不安になりませんか?

お金も大事ですが、あなたの体調をよくすることがもっと大事ですよ。

適応障害で休職中のひとがボーナスをもらうために知る3つのポイント | まとめ

適応障害で休職中のひとがボーナスをもらうために知る3つのポイント

まずは、このブログのまとめです。


  • 休職中にボーナスはもらえると、労働基準法で決まっている
  • 働いた期間・時期で、ボーナスの金額が変わる
  • 会社は、休職中のボーナスから税金を引かない
  • 休職中にボーナスがもらえると、期待しすぎない

休職しながらボーナスをもらうのは、申し訳ないとぼくは感じていました。

でも、自分と家族のためにはボーナスは必要でした。

もしボーナスがもらえたなら、大事に使ってください。

反対にボーナスがもらえなかったとしても、焦らないでください。

お金も大事ですが、働くあなたの健康はもっと大事です。

皆さんの病気が1日でもはやく、治ることをお祈りしています。

関連記事

こんにちは、あやべさんです。ぼくは2018年の2月に適応障害になりました。その後9ヶ月休職をしながら転職活動をして、内定をもらい転職しました。適応障害の人が転職するのに人気なのが、転職エージェント。でも、あなたは適応障害の人[…]

最新情報をチェックしよう!