適応障害を治さないと、転職できないワケ【ムリしても、仕事は見つからないよ】

適応障害を治さないと、転職できないワケ【ムリしても、仕事は見つからないよ】
みなさん、こんにちは。

あやべさんのブログを、読んでいただきありがとうございます。

みんな、不安な時に行動を起こすと失敗を必ずします。

ムリ」して行動していると本人は気づかないんです。

適応障害やうつ病で、精神障害の時にはムリな行動はぜったいダメです。

適応障害なのに、ムリして転職活動をしても転職出来ないワケを解説していきます。

適応障害の経験を電子書籍にしました。

ぼくの働き方改革は、適応障害からはじまった。』はコチラから。

まんがびとさんにて販売中!

「適応障害を治さないと、転職は成功しない」

適応障害を治さないと、転職は成功しない

適応障害という、精神障害になっているときは、転職はゼッタイ成功しません。

あなたが、スポーツ選手だとします。骨折をしているのに、大事な試合に出場しますか⁈「この試合に出たら、引退しなきゃいけない」という状況でも出るぐらいの、意気込みの選手もいると思います。ただ、あなたは、スポーツ選手ではありません。それに、骨折は完治するまでの目安があります。

でも、適応障害・うつ病の精神障害の治る目安はアバウトです。あなたの、考え方次第で早く治るか、いつもでも治らないかが変わってきます。

適応障害になっている時ほど、転職活動は失敗します。そして、失敗した時は精神的ダメージは倍増します

ポイント1

適応障害になっているときは、転職で失敗すると精神的ダメージは倍増する

では、適応障害のときに、転職活動が失敗するポイントを解説します。

「適応障害のときに転職活動に失敗する、3つの理由」

適応障害のときに転職活動に失敗する、3つの理由

適応障害で治療中のひとが、転職活動をすると必ず失敗します。そして、3つのポイントで転職活動に失敗します。

理由1:勘違いした、自己分析をやってしまう

適応障害のひとは、良くいえば、「こだわりが強い」性格のひとです。そして、職場・人間関係に適応できないで、自分のこだわりを持って活動していました。だから、適応障害になってしまったのです。

そんなこだわりが強い考えを持ったままでは、転職活動は成功しません。特に大事なのは、自己分析です。こだわりが強いと、自己分析を勘違いをしてしまいます。

じぶんの気持ちを整理できるのは、適応障害が治ったときです。

理由2:自信がないのに面接をする

もし、あなたに好きなひとがいたとします。あなたは自信がないのに、告白できますか?

転職活動は、会社とあなたとの恋愛とも言われます(ホントかは知りませんが)

そして、適応障害のあなたは、ある意味自信を失っている状態です。そんな自信を失っている状態で、転職活動を進めることができるでしょうか?

もし、書類選考を通過しても、自信を持って面接に行くことができますか?今までの仕事のことを、自信を持って答えることができますか?おそらく、答えることはできません。

自信を取り戻すときは、適応障害を治したときです。

理由3:不採用になると自信をなくす

上手くいっているときに、失敗すると自信をなくします。転職活動で言えば、面接まで行ったのに、不採用になるときだと思います。

「理由2」でも解説しましたが、運良く(もしかしたら運悪く?)自信がないときに面接に進んだとします。あなたは、「適応障害でも面接に合格する」とイメージしてるかもしれません。

でも、結果は不採用。

適応障害で自信をなくしていたのに、さらに不採用という結果を受けもっと自信をなくしてしまいます

ショックを少なくするには、適応障害を治してから、転職活動をしましょう。

ポイント2

適応障害を、治してから転職活動をスタートする

それでは次に、適応障害になっても、転職を成功させるコツを解説します。

「適応障害になっても、転職を成功させるコツ」

適応障害になっても、転職を成功させるコツ

もしあなたが、適応障害になっても、転職を成功させるコツがあります。

コツは2つあります。

  1. その1:リラックスして転職活動をする
  2. その2:不採用というストレスが来ても軽減する

では、それぞれのコツについて、かんたんに解説します。

リラックスして転職活動をする

適応障害やうつ病でメンタルを病んでいるひとは、感情の起伏が激しくなりがちです。

あとで解説しますが、転職活動で、「不採用」となるとストレスを感じてしまいます。普段からリラックスし、ストレスを作らないようにしておくことが、転職を成功させるコツになります

不採用というストレスが来ても軽減する

転職活動をすれば、必ず「不採用」になることがあります。適応障害のひとは、そんな出来事を「失敗」ととらえてしまいます。

面接確約!転職するならミイダス!はコチラから無料登録しましょう

転職活動は、どんなに優れた能力だとしても、どの会社でも採用されるわけではありません。だから、「そのうち内定がもらえる」と考えることが大事です。

面接を進めて「不採用」になるたびに、ショックを受けていては転職活動はいつまでたっても、成功しません。前向きに考えて転職活動を進めましょう

つぎは、ぼくが適応障害になっているときに納得したアドバイスをご紹介します。

「適応障害の時だからこそ、ムリはしない」

適応障害の時だからこそ、ムリはしない

適応障害になっているひとほど、他人のアドバイスには納得しません。

反対に、他人のアドバイスを素直に受け入れば、ムリして転職活動をすることはないでしょう。

ぼくが参考にした、アドバイスしたの3つです。

その1:家族からのアドバイス

その2:医師からのアドバイス

その3:転職エージェントからのアドバイス

転職サイトはdoda

そして、適応障害になっているときほど、あなたにはこんな考えになって欲しいです。

その1:転職したかったから、考えを誤りそう

その2:気分の浮き沈みが激しくて面接でうまくいかない

その3:採用されても、新しい仕事をやれる自信が湧いてこなかった

何回も同じことを言ってしまいますが、適応障害になったひとほど、自分の考え・こだわりが強いと思ってください

だからこそ、他人の意見を参考にできるときは、適応障害が治っていると考えてください

まとめ3

適応障害になったひとは、他人のアドバイスを必ず参考にする

「適応障害を治さないと、転職できないワケ」:まとめ

適応障害を治さないと、転職できないワケ:まとめ

では、このブログでお伝えしたポイントをまとめます。

ブログのまとめ

まとめ1:適応障害のときは、転職で失敗すると精神的ダメージは倍増する

まとめ2:適応障害を、治してから転職活動をスタートする

まとめ3:適応障害になったひとは、他人のアドバイスを必ず参考にする

適応障害という病気になってしまったあなたは、焦っていると思います。

早く治さなきゃ。

と、不安に思っていると思います。

まず考えて欲しいのは、「適応障害を治す」ことです。

適応障害を治さないと、落ち着いた考えをすることはできません。

適応障害はあなたの考え方が原因で起きた病気であることも忘れないでください。

環境が原因でストレスを感じ、適応障害になります。その周りとの考えを少しでも変えられていたら、適応障害にならなかったかも知れません。

転職活動を成功させたいのなら、最初に「適応障害を治す」ことだけ考えてください。

そうすれば、きっと、新しい仕事が見つかって、転職活動が成功します。

あなたが、1日でも早く回復することを、お祈りしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。